出版案内
福祉事業団

「死」を語るカフェ 京都・亀岡、寺院で開催

デスマス・カフェで死について語り合う参加者たち(亀岡市本町・法華寺)
デスマス・カフェで死について語り合う参加者たち(亀岡市本町・法華寺)

 京都府亀岡市の市民団体「京都・丹波/亀岡 市民まちづくり風の会」とくらしを見つめる会が死について語り合う「デスマス・カフェ」を同市本町の法華寺で2カ月に1度開いている。人生の終末期に備える「終活」ブームの中、死を考えることが生を見つめ直すことにもつながっている。

 カフェは、事故で友人を失った経験がある市内の女性らが、死について思いを巡らせる場として2014年ごろに始め、風の会が昨年引き継いだ。

 「デスマス」は、死(デス)を大勢(マス)で考える意味の造語。同寺の杉若恵亮住職(57)も加わり、国ごとに異なる死生観や大切な人が亡くなったときに思ったことなどを話し合う。死をテーマにした映画も上映している。毎回幅広い世代の十数人が茶を飲みながら机を囲む。

 このほど開かれたカフェでは、京都市内の介護施設に勤める女性看護師(44)を招き、医療現場から見た死について聞いた。延命治療の是非や、親をみとる家族の苦悩などに話が及び、参加者が体験談を語り合った。

 初めて参加した辻豊さん(62)=亀岡市篠町=は「最期をどう迎えるかは、生きる上で考えなければいけないテーマ。いろいろな意見を聞けて参考になった」と話す。

 杉若住職は「死は誰もがいずれ直面する事実。死をタブー視せず、皆で明るく考えることで余生が豊かになるはず」と語る。

 次回は11月15日午後1~4時。「エンディングノート」を取り上げる。参加費500円。予約不要。問い合わせは風の会080(9164)7051。

【 2017年10月09日 14時00分 】

ニュース写真

  • デスマス・カフェで死について語り合う参加者たち(亀岡市本町・法華寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      市の複合施設、民間売却後に賃借へ 京都・城陽

      20171019000083

       京都府城陽市は19日、同市寺田の大規模文化複合施設「文化パルク城陽」を80億円以上でリ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J・トーマスが63で首位発進
      米男子ゴルフ第1日、韓国で

      20171019000131

       米男子ゴルフのCJカップは19日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で第1ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパーカブ製造国内回帰へ
      ホンダ、熊本で5年ぶり

      20171019000114

       ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      中国共産党、規律違反で大量処分
      過去5年で153万人

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、共産党大会に合わせて北京で記者会見し、習近平指..... [ 記事へ ]