出版案内
福祉事業団

「まちづくり」記事で発信 京都市の市民ライター講座

まちづくり活動に取り組むNPOや市民団体にインタビューする参加者ら(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
まちづくり活動に取り組むNPOや市民団体にインタビューする参加者ら(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)

 まちづくり活動に関わる市民団体やNPOに市民がインタビューし、インターネットのサイトに掲載する記事の作成に取り組んでいる。このほど講座が開かれ、聞き方や書き方のポイントを専門家に教えてもらい、2人一組となって団体関係者に活動への思いを聞き取った。

 市が昨年度から始めた市民ライター講座。活動団体の情報発信を支援し、市民にもまちづくりに関心を持ってもらうきっかけになればと企画した。まちがより良くなる取り組みを募集する市の事業に提案・登録した7団体と、14人の市民が参加した。

 このほど開かれた講座では、ウェブマガジン「greenz.jp」の元編集長で、京都精華大人文学部特任講師の兼松佳宏さん(37)が講師となり、「その人にしかない表現を聞き出せると記事はおもしろくなる」「インタビューした相手と読者にラブレターを贈る気持ちで書いて」などとポイントを分かりやすく説明。

 参加者は団体の代表者らと和やかに話し、用意された記事の型を活用して取り組みを始めたきっかけややりがいなどを聞きとった。今後、1500~2千字で記事をまとめる。

 老人ホームや児童館で出張ライブをするバンドを取材した1人、京都大学院生の前野実香さん(23)=左京区=は「自分の言葉を文章にするのが苦手だったけど、2人で話し合って文章を書くので心強い。インタビューした方の思いをしっかり伝えられるように仕上げたい」と話した。

 記事は兼松さんの確認を経て、10月ごろから順次、ポータルサイト「みんなでつくる京都」に掲載する。

【 2017年10月09日 16時00分 】

ニュース写真

  • まちづくり活動に取り組むNPOや市民団体にインタビューする参加者ら(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ロープの結び方を事前練習、座間
      スマホで検索、殺害準備か

      20171213000029

       神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、横浜市の女性の首をロープ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷翔平選手に相次ぐ警戒の声
      同地区の監督が高く評価

      20171213000050

       【レークブエナビスタ(米フロリダ州)共同】米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会する..... [ 記事へ ]

      経済

      世界初の香るペチュニア タキイ「ハチミツのように甘く」

      20171213000038

       タキイ種苗(京都市下京区)は、F1品種(1代交雑種)としては世界で初めて香りのするペチ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝のバスケット試合を計画
      ロッドマン氏、来年2月

      20171213000001

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元..... [ 記事へ ]