出版案内
福祉事業団

平安時代の邸宅遺構発見 滋賀・栗東の遺跡

掘立柱建物から出土した須恵器のつぼ(左)と井戸跡から見つかった灰釉陶器(右)。手前中央がつぼに残っていたもみ殻=栗東市下戸山・市出土文化財センター
掘立柱建物から出土した須恵器のつぼ(左)と井戸跡から見つかった灰釉陶器(右)。手前中央がつぼに残っていたもみ殻=栗東市下戸山・市出土文化財センター

 滋賀県栗東市教育委員会は、同市下鈎の上鈎遺跡と下鈎東遺跡で、市内最大規模の平安時代(10世紀ごろ)の邸宅の遺構が見つかり、もみ殻などが残るつぼや、井戸の底に入れられた陶器などが出土したと発表した。「当時の祭祀(さいし)の様子がうかがえる県内では珍しい発見」という。

 両遺跡はJR手原駅の西約1キロに位置し、ホームセンター建設のため4月から約1万2千平方メートルを調査した。見つかったのは弥生時代後期-室町時代の複合遺跡で、このうち平安時代の邸宅の遺構には大型掘立柱建物跡3棟(床面積約64平方メートル~約90平方メートル)と、深さ約2メートルの井戸跡が確認された。

 約90平方メートルの建物跡から、須恵器のつぼ(高さ約12センチ、胴部の直径約17センチ)が出土。中に銅板(縦約9センチ、横約3センチ)が入っており、その下にもみ殻が残っていた。市出土文化財センターは「掘立柱建物の地鎮祭で使われた可能性がある。つぼの中に当時のコメが残るのは珍しく、銅板が風化を防いだのではないか」とする。

 井戸跡には底から灰釉(かいゆう)陶器や斎串(いぐし)7点、金メッキを施した銅製円盤(直径約8センチ)などが見つかった。同センターは「水がわき出すように祈って底に入れたとものと考えられる。祭祀の内容を知る上で貴重な出土品」と説明する。

 14日午後1時半から現地説明会を開く(雨天時は15日)。問い合わせは同センター077(553)3359。

【 2017年10月10日 11時40分 】

ニュース写真

  • 掘立柱建物から出土した須恵器のつぼ(左)と井戸跡から見つかった灰釉陶器(右)。手前中央がつぼに残っていたもみ殻=栗東市下戸山・市出土文化財センター
  • 上鈎・下鈎東遺跡で見つかった平安時代の邸宅の遺構(栗東市下鈎)=市教委提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      市の複合施設、民間売却後に賃借へ 京都・城陽

      20171019000083

       京都府城陽市は19日、同市寺田の大規模文化複合施設「文化パルク城陽」を80億円以上でリ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J・トーマスが63で首位発進
      米男子ゴルフ第1日、韓国で

      20171019000131

       米男子ゴルフのCJカップは19日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で第1ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパーカブ製造国内回帰へ
      ホンダ、熊本で5年ぶり

      20171019000114

       ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      中国共産党、規律違反で大量処分
      過去5年で153万人

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、共産党大会に合わせて北京で記者会見し、習近平指..... [ 記事へ ]