出版案内
福祉事業団

琵琶湖の湖底遺跡で土器撮影 立命大グループ、水深70m

琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供
琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供

 滋賀県長浜市湖北町の琵琶湖にある葛籠尾崎(つづらおざき)湖底遺跡で、水中ロボットを使って水深約70メートルの湖底に沈む7世紀ごろの完全な形の土器を撮影することに、立命館大のグループが成功した。琵琶湖の深部で土器の撮影地点を正確に特定できた貴重な成果という。

 半島状に琵琶湖に突き出た葛籠尾崎の南南東約400メートルが撮影地点で、水深は71・5メートル。土器は直径約20センチ、高さ約30~40センチで土師器(はじき)の甕(かめ)と推定されるという。同遺跡の調査をしていた立命大の矢野健一教授や熊谷道夫教授らのグループが今月14日に撮影した。

 グループによると、同遺跡ではこれまでに縄文時代以降の土器が多く見つかっているが、漁師による引き揚げが多く発見場所を正確に特定できていないケースが多かった。今回は、音波探知機(ソナー)と衛星利用測位システム(GPS)を組み合わせて緯度経度や水深の測定ができた。

 撮影地点付近では、飛鳥時代以降の新しい時代の土器が特に多く見つかっており、矢野教授は「さらに沖にある竹生島の信仰との関係で、民衆が土器を意図的に沈めた可能性もある」と話している。

【 2017年12月26日 22時32分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供
  • 土器の発見地点
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      LINEでいじめ相談45回 大津、2カ月半で

      20180119000180

       滋賀県いじめ問題対策連絡協議会が19日、大津市の県庁であり、中学生を対象に、無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジャンプ、小林陵侑が前半11位
      葛西紀明は27位に

      20180120000019

       【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキー・ジャンプ男子のフライング世界選..... [ 記事へ ]

      経済

      訪日客の夜遊びニーズ探れ
      都が初調査へ、国も検討

      20180120000020

       増加する訪日外国人旅行者は「夜の観光」をどのように楽しんでいるのか―。2020年東京五..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      全日制倍率は4・18倍 18年度、滋賀の私立高入試

      20180119000185

       滋賀県は19日、県内の私立全日制・定時制高校の2018年度入試の出願状況をまとめた。全..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島2号機で溶融核燃料初確認
      第1原発調査、炉心から落下

      20180119000159

       東京電力は19日、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使い、原子炉格納容器内部を調..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン氏、氷点下で沐浴
      ロシア正教伝統行事

      20180119000139

       【モスクワ共同】ロシア正教で「主の洗礼祭」に当たる19日、凍結した海や川、湖などの氷を..... [ 記事へ ]