出版案内
福祉事業団

縄文晩期の竪穴住居出土 京都・城陽の遺跡で市内初

縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)

 京都府城陽市教委は10日、同市富野の小樋尻遺跡で、市内で初めて縄文晩期(2300~3千年前)の集落跡を確認した、と発表した。他時代の集落跡や耕作地跡も見つかり、「各時代の平野部の土地利用を知る貴重な資料」としている。

 同遺跡は1996年に確認され、今回は市消防本部の移転先約3500平方メートルを調査した。縄文晩期の竪穴住居跡は2棟で、直径6・5メートルと同5メートルの円形。縄文土器片や遺体を埋葬したとみられるかめなどが出土した。近くの丘陵地にある森山遺跡では縄文後期(4千年前)の住居跡が確認されているが、市内平野部では今回が最古という。

 古墳前後期、飛鳥、奈良など各時代の集落跡も見つかり、いずれも周囲の湿地より高い土地を活用していた。以降の集落跡遺構は発見されず、盛り上げた土地の形状から、遅くとも中世からは耕作地として用いられたとみている。

 市教委は「一帯には小規模な集落が点在していたのではないか。現代につながる平野部の人々の営みが垣間見える」としている。

 13日午後1時から現地説明会を開く。小雨決行。場所は市消防本部の南約160メートル。問い合わせは市教委文化財係0774(56)4049。

【 2018年01月11日 09時30分 】

ニュース写真

  • 縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンナリーズ、ホームで東京に惜敗 バスケBリーグ

      20180120000131

       Bリーグは20日、ハンナリーズアリーナなどで8試合を行い、西地区2位の京都ハンナリーズ..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、21日に視察団派遣
      平昌五輪、韓国に伝達

      20180120000099

       【ソウル共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪への芸術団派遣に先立ち、20日に予定していた視..... [ 記事へ ]