出版案内
福祉事業団

誘客の変遷つぶさ、観光パンフ30年 京都・亀岡で公開

亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)
亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)

 亀岡観光をPRするため、京都府亀岡市が誕生した1955年から約30年間に発行され、現存する観光案内パンフレットの一般公開を、市文化資料館(古世町)が13日から始める。保津川下り、湯の花温泉をはじめ紹介されている名所や特産物から、時代に応じた売り込み方の変遷がうかがえる。

 市などが発行、保管していた冊子で、同館で資料整理が完了した11点18冊を公開する。

 55年の冊子では、16町村が合併した新市の鳥瞰(ちょうかん)図とともに亀山城址、保津川下り、国分寺、鍬山神社、平和祭などを取り上げている。保津川下りは「風光佳絶で内外多数の観光客を迎えている」と紹介し、当時からの人気ぶりがうかがえる。

 高度成長期の67年には、当時の市観光協会副会長が「猿まねの観光ではなく一本筋の通った観光がのぞまれる」と記し、他市町を含めた広域観光の重要性を訴えている。

 68年には2年後の大阪万博で「大部分の人は京都や奈良を訪れる」とつづり、泊まり客を呼び込もうと宿泊施設を備えた湯の花温泉の紹介に多くのページを割いている。

 名物ではマツタケや丹波栗、砥石(といし)などの特産品のほか、現在では見られなくなった大谷鉱山のタングステン、寒天作りなども挙げられている。

 同館は「時代ごとの背景に沿った観光PRの移り変わりを見てほしい」と話している。

 初日の13日午前10~11時には学芸員による資料説明会も行われる。閲覧、説明会とも無料。

【 2018年01月12日 12時00分 】

ニュース写真

  • 亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンナリーズ、ホームで東京に惜敗 バスケBリーグ

      20180120000131

       Bリーグは20日、ハンナリーズアリーナなどで8試合を行い、西地区2位の京都ハンナリーズ..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、21日に視察団派遣
      平昌五輪、韓国に伝達

      20180120000099

       【ソウル共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪への芸術団派遣に先立ち、20日に予定していた視..... [ 記事へ ]