出版案内
福祉事業団

滋賀チームの顔・山本さん、コーチに 全国女子駅伝

滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)
滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)

 全国女子駅伝の滋賀チームに12回代表入りした山本菜美子さん(28)=滋賀県野洲市=が、今大会から支援コーチの立場でチームを後押しする。中学から実業団時代まで滋賀の「顔」としてたすきをつなぎ、現役最後の全国舞台にもなった。「応援してくれる人に感謝の気持ちを持って走ってほしい」と後輩たちに伝える。

 「ファイト!」。正月明けの4日、京都産業大総合グラウンド(京都市北区)で走り込む滋賀の中高生に、山本さんが声を張り上げた。「引退してから陸上競技場は久しぶり。いろんな思い出がありますね」

 柏原中2年で初めて代表入り。草津東高、立命館大、ダイハツと陸上を続ける中、滋賀のたすきをかけてきた。2010年には過去最高の12位の躍進に貢献。「中学生の時はわくわくしながら参加していた。社会人になってからは、おかえりと言ってもらえる場所。古里のために頑張ろうと思った」と振り返る。学生時代は全日本大学女子駅伝で優勝するなど、ほかの大会でも力を発揮した。

 最後の駅伝は15年1月11日の第33回大会。ダイハツ陸上部に在籍中で、両足のかかとを痛めて1年ほどレースに出場できず悩んでいた。そんな時、滋賀のコーチから「どんな走りでもいいから」と代表入りを求められた。「私に居場所を与えてくれた。涙が出るほどうれしかった」。思うようなタイムは出せなかったが、滋賀チームの一員として走れたことに満足した。その年の秋、引退した。

 陸上からは遠ざかり、ダイハツ社員として勤務していた昨夏、滋賀のコーチとして誘われた。「お世話になった先生のお手伝いをしたい」と喜んで応じた。現役の時も、合宿で後輩と交流するのが楽しかった。「各選手が選ばれたことに自信を持ち、チームとして一つにまとまるために手助けしたい」と語る。

【 2017年01月11日 20時30分 】

ニュース写真

  • 滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      厚木基地騒音、来月4日提訴へ
      第5次訴訟、住民ら結団式

      20170722000077

       米軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(神奈川県)の騒音被害を巡り、周辺住民らが国に夜..... [ 記事へ ]

      経済

      全農、三越伊勢丹前会長を起用へ
      経営管理委員会

      20170722000047

       全国農業協同組合連合会(JA全農)が、経営を監督する経営管理委員会のメンバーに、三越伊..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山鉾町 激変の半世紀 祇園祭、「商」「住」変遷

      20170722000105

       祇園祭の山鉾町は、半世紀の間に激変した。木造家屋からビルへといった景観の変化だけではな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「福島の子、着実に成長」 京都の支援者ら中学生に語る

      20170721000060

       原発事故があった福島県への支援を続ける京都府向日市のボランティア団体「ミンナソラノシタ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      カタール首長「対話の用意」表明
      サウジなどとの断交問題

      20170722000064

       【イスタンブール共同】中東カタールのタミム首長は21日夜、テレビ演説し、同国と断交した..... [ 記事へ ]