出版案内
福祉事業団

京都ゆかり大砲、Vの夢追う 同志社中出身、早実4番・野村選手

早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場

 19日に開幕した選抜高校野球大会で優勝候補の早稲田実業(東京)の4番・野村大樹(だいじゅ)三塁手(16)は、同志社中出身の2年生だ。大会屈指のスラッガー清宮幸太郎一塁手(17)の後ろを任される。「今はすべてが清宮さんの方が上。でも飛距離では清宮さんに勝ちたい」と闘志を燃やす。

 16日の甲子園練習では172センチ、81キロのがっしりした体でフルスイング。強烈な打球を連発し、ライナーで左翼席に放り込んだ。「中学では甲子園は広いと思ったけど、今は自分でもホームランが打てると思った」と満足そうに語った。

 小学生の時、兵庫県宝塚市で野球を始めた。同志社中に進学した理由は、親から出された硬式野球をする条件が、大学付属校への進学だったから。約2時間半かけて通学。「長かった。電車で勉強や読書をしていた」。3年のクラス担任だった栢木(かやき)恵子さん(44)は「勉強やクラス生活では何でも一生懸命取り組んでいた。クラスではリーダー的存在だった」と話す。

 大阪市の硬式野球チームで力を伸ばし、15歳以下日本代表の4番にも座った。野球での進学を考え、早実を目指した。幼稚園児だった2006年夏、斎藤佑樹投手と田中将大投手が投げ合った早実-駒大苫小牧(北海道)を甲子園で目の当たりにし、憧れのチームになった。勉強と野球を両立し、同級生の大半が同志社高に進む中、昨春に上京した。

 早実では1年夏から4番を担う。清宮選手も「自分が凡退しても、後ろに野村がいる安心感がある」と信頼を置く。昨秋の東京都大会決勝では九回に右越えサヨナラ本塁打を放った。昨秋の公式戦成績は打率4割5分9厘、4本塁打、チームトップの18打点。それでもさらに飛距離を伸ばしたいと、冬は下半身の筋力強化に取り組んだ。

 優勝すれば、王貞治氏がエースを務めた1957年以来60年ぶり。「個人の目標は打率5割、ホームラン3本」と力強く語り、清宮選手とともに偉業に挑む。

【 2017年03月20日 08時50分 】

ニュース写真

  • 早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]