出版案内
福祉事業団

「まず1点、そして初戦突破」 滋賀学園・山口監督らに聞く

握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園

 滋賀学園は21日の選抜高校野球第3日の第2試合で、好右腕を擁する東海大市原望洋(千葉)と対戦する。滋賀学園の山口達也監督と東海大市原望洋の和田健次郎監督に展望を聞いた。

 -チーム状態は。

 山口「けが人なく、開幕を迎えることができた。キーマンはバッテリー。投手の神村と棚原、捕手の後藤のバッテリーがどう試合をつくるか。投手陣は右肩上がりによくなってきた」

 和田「チーム状態は上がっている。エース金久保と宍倉のバッテリーが中心。打線は1番宍倉、3番荒川、4番金久保、5番大野が鍵になる」

 -互いの印象は。

 山口「今大会注目の背番号『1』、金久保投手を攻略しなければ、ゲームをつくれない。昨秋の関東大会準優勝でチーム力が高く、中学校で全国大会を経験した選手が多い」

 和田「打撃もいいが、やはりバッテリー中心のチーム。神村、後藤のバッテリーや棚原投手が8強入りした昨年の甲子園を経験していることが大きい」

 -理想とする試合展開は。

 山口「先制点を奪いたい。打線と相手エースとのファーストタッチで試合の流れが決まる。まず1点を奪い、初戦突破を目指す」

 和田「守備からリズムをつくって先制し、接戦に持ち込みたい。甲子園では勝ったことがないので、1勝して校歌を歌いたい」

【 2017年03月20日 23時19分 】

ニュース写真

  • 握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      虐待防止、訴え琵琶湖一周 10月にリレー、参加募る

      20170821000021

       琵琶湖一周を走って子どもの虐待防止を呼び掛ける「びわ湖一周オレンジリボンたすきリレー」..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]

      国際

      車3台で爆破テロ計画か
      警察、隠れ家遺体特定急ぐ

      20170821000013

       【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の連続テロで、警察当局は20日の記者..... [ 記事へ ]