出版案内
福祉事業団

「まず1点、そして初戦突破」 滋賀学園・山口監督らに聞く

握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園

 滋賀学園は21日の選抜高校野球第3日の第2試合で、好右腕を擁する東海大市原望洋(千葉)と対戦する。滋賀学園の山口達也監督と東海大市原望洋の和田健次郎監督に展望を聞いた。

 -チーム状態は。

 山口「けが人なく、開幕を迎えることができた。キーマンはバッテリー。投手の神村と棚原、捕手の後藤のバッテリーがどう試合をつくるか。投手陣は右肩上がりによくなってきた」

 和田「チーム状態は上がっている。エース金久保と宍倉のバッテリーが中心。打線は1番宍倉、3番荒川、4番金久保、5番大野が鍵になる」

 -互いの印象は。

 山口「今大会注目の背番号『1』、金久保投手を攻略しなければ、ゲームをつくれない。昨秋の関東大会準優勝でチーム力が高く、中学校で全国大会を経験した選手が多い」

 和田「打撃もいいが、やはりバッテリー中心のチーム。神村、後藤のバッテリーや棚原投手が8強入りした昨年の甲子園を経験していることが大きい」

 -理想とする試合展開は。

 山口「先制点を奪いたい。打線と相手エースとのファーストタッチで試合の流れが決まる。まず1点を奪い、初戦突破を目指す」

 和田「守備からリズムをつくって先制し、接戦に持ち込みたい。甲子園では勝ったことがないので、1勝して校歌を歌いたい」

【 2017年03月20日 23時19分 】

ニュース写真

  • 握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      大久保氏再選、新人2人を破る 滋賀・彦根市長選

      20170423000126

       任期満了に伴う滋賀県彦根市長選は23日、投開票され、無所属現職の大久保貴氏(53)が、..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      特産の天然砥石で研ぎ体験 京都、展示施設リニューアル

      20170423000036

       京都府亀岡市の特産品を紹介する展示・体験施設「森のステーションかめおか」が22日、同市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      サンゴ白化防止、新たな保護区を
      専門家会議が緊急提言

      20170423000103

       沖縄県や鹿児島県で昨年、過去最大級のサンゴの白化現象が起きたのを受けて、環境省は23日..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮問題などで舌戦、韓国
      大統領選向け第1回討論会

      20170423000118

       【ソウル共同】韓国大統領選に向けた中央選挙管理委員会主催の第1回テレビ討論会が23日、..... [ 記事へ ]