出版案内
福祉事業団

比叡山高・福田選手が準V 全国高校柔道、男子60キロ級

比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)

 3月に日本武道館(東京)で行われた柔道の全国高校選抜大会で、滋賀・比叡山高3年の福田大悟選手が、男子60キロ級で準優勝に輝いた。同高男子としては久々の全国での表彰台。女子48キロ級では2年の芳田真選手が、同52キロ級では3年の瀧川萌選手がともに3位。男女が同じ練習メニューをこなすなど互いに鍛え合った成果を発揮し、夏のインターハイでのさらなる躍進を予感させた。

 福田選手は2回戦から登場し、初戦は得意の寝技で一本勝ちすると、3回戦以降も小内刈りなどでポイントを奪い、4試合を勝ち抜いた。決勝は昨年も優勝した千葉の選手に惜敗したが、「大きな大会で結果が出て自信になった」と、うれしい銀メダルとなった。

 兵庫県出身で、中学時代も全国2位になった。同高OBで同じ60キロ級のトップ選手だった米富和郎監督から「『日本一にしてあげるから来てほしい』と誘ってもらった」と、親元を離れて進学。朝練習から坂道ダッシュや長距離走に取り組んで体力をつけ、元々高い技術と相まって力を伸ばした。

 立ち技から寝技に持ち込むのが勝ちパターンだ。福田選手は「小学生の時、警察官の父の知人警察官に寝技を教わり、得意になった」と振り返る。

 55キロ級で全日本カデ優勝の実績があり、米富監督は「60キロ級でも通用するパワーをつけたことで結果が伴ってきた」と評価する。

 「中学の指導者になるのが夢」と話す福田選手は「背負い投げなど、きれいに投げられる技を身につけたい。腕力を鍛えることも必要」と、夏の頂点に向け、課題を挙げる。

【 2017年05月05日 14時00分 】

ニュース写真

  • 比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]

      国際

      英航空会社でシステム障害
      ブリティッシュ・エアウェイズ

      20170527000135

       【ロンドン共同】英ブリティッシュ・エアウェイズのコンピューターシステムに27日、障害が..... [ 記事へ ]