出版案内
福祉事業団

比叡山高・福田選手が準V 全国高校柔道、男子60キロ級

比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)

 3月に日本武道館(東京)で行われた柔道の全国高校選抜大会で、滋賀・比叡山高3年の福田大悟選手が、男子60キロ級で準優勝に輝いた。同高男子としては久々の全国での表彰台。女子48キロ級では2年の芳田真選手が、同52キロ級では3年の瀧川萌選手がともに3位。男女が同じ練習メニューをこなすなど互いに鍛え合った成果を発揮し、夏のインターハイでのさらなる躍進を予感させた。

 福田選手は2回戦から登場し、初戦は得意の寝技で一本勝ちすると、3回戦以降も小内刈りなどでポイントを奪い、4試合を勝ち抜いた。決勝は昨年も優勝した千葉の選手に惜敗したが、「大きな大会で結果が出て自信になった」と、うれしい銀メダルとなった。

 兵庫県出身で、中学時代も全国2位になった。同高OBで同じ60キロ級のトップ選手だった米富和郎監督から「『日本一にしてあげるから来てほしい』と誘ってもらった」と、親元を離れて進学。朝練習から坂道ダッシュや長距離走に取り組んで体力をつけ、元々高い技術と相まって力を伸ばした。

 立ち技から寝技に持ち込むのが勝ちパターンだ。福田選手は「小学生の時、警察官の父の知人警察官に寝技を教わり、得意になった」と振り返る。

 55キロ級で全日本カデ優勝の実績があり、米富監督は「60キロ級でも通用するパワーをつけたことで結果が伴ってきた」と評価する。

 「中学の指導者になるのが夢」と話す福田選手は「背負い投げなど、きれいに投げられる技を身につけたい。腕力を鍛えることも必要」と、夏の頂点に向け、課題を挙げる。

【 2017年05月05日 14時00分 】

ニュース写真

  • 比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万0479円
      2年1カ月ぶり高値

      20170921000069

       21日午前の東京株式市場は日経平均株価(225種)が続伸、上げ幅は一時100円を超え、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、高速鉄道350キロ再開
      「復興号」世界最速に

      20170921000030

       【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011..... [ 記事へ ]