出版案内
福祉事業団

比叡山高・福田選手が準V 全国高校柔道、男子60キロ級

比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)

 3月に日本武道館(東京)で行われた柔道の全国高校選抜大会で、滋賀・比叡山高3年の福田大悟選手が、男子60キロ級で準優勝に輝いた。同高男子としては久々の全国での表彰台。女子48キロ級では2年の芳田真選手が、同52キロ級では3年の瀧川萌選手がともに3位。男女が同じ練習メニューをこなすなど互いに鍛え合った成果を発揮し、夏のインターハイでのさらなる躍進を予感させた。

 福田選手は2回戦から登場し、初戦は得意の寝技で一本勝ちすると、3回戦以降も小内刈りなどでポイントを奪い、4試合を勝ち抜いた。決勝は昨年も優勝した千葉の選手に惜敗したが、「大きな大会で結果が出て自信になった」と、うれしい銀メダルとなった。

 兵庫県出身で、中学時代も全国2位になった。同高OBで同じ60キロ級のトップ選手だった米富和郎監督から「『日本一にしてあげるから来てほしい』と誘ってもらった」と、親元を離れて進学。朝練習から坂道ダッシュや長距離走に取り組んで体力をつけ、元々高い技術と相まって力を伸ばした。

 立ち技から寝技に持ち込むのが勝ちパターンだ。福田選手は「小学生の時、警察官の父の知人警察官に寝技を教わり、得意になった」と振り返る。

 55キロ級で全日本カデ優勝の実績があり、米富監督は「60キロ級でも通用するパワーをつけたことで結果が伴ってきた」と評価する。

 「中学の指導者になるのが夢」と話す福田選手は「背負い投げなど、きれいに投げられる技を身につけたい。腕力を鍛えることも必要」と、夏の頂点に向け、課題を挙げる。

【 2017年05月05日 14時00分 】

ニュース写真

  • 比叡山高男子勢として久々に全国の表彰台に立った福田選手(大津市・比叡山高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]