出版案内
福祉事業団

立命大・東、プロ志向 最速152キロ、2度の無安打無得点

リーグ史上初となる2度目の無安打無得点試合を達成した東(立命大グラウンド)
リーグ史上初となる2度目の無安打無得点試合を達成した東(立命大グラウンド)

 立命大の東(あずま)克樹(4年、愛工大名電)が5日の関大戦で無安打無得点試合を達成した。昨春の京大戦に続いて2度目となり、リーグ史上初の複数回の達成者となった。偉業を17奪三振の好投で刻んだ左腕は「このピッチャーすごいな、と思ってもらえる投球ができればうれしい」と話す。

 関大戦は最速152キロの直球を軸にチェンジアップを効果的に混ぜた。味方の援護もあり6-0で迎えた最終回は「一人ずつアウトを取る」と集中力を切らさず、最後の打者も三振で締めた。後藤監督は「球速、コントロール、精神力、どれも入学してすぐの頃とは雲泥の差だろう」と成長を認める。

 三重県四日市市出身で、高校は愛知の強豪愛工大名電へ進んだ。親元を離れて寮生活を送りつつ、努力を重ねてエースの座をつかんだ。3年夏に甲子園に出場したが、先発した初戦で聖光学院(福島)に敗れた。

 大学入学時の球速は142キロ。「上の世界で生きていくには足りない」と考えた。トレーナーらの助言を受け、軸足をぶれさせずに上半身を回す練習や体幹トレーニングを積んだ。170センチ、70キロと小柄だった体を鍛え上げ、体重は75キロまで増やした。球速は一年ごとにベストを更新。「冬場の練習の成果」と自負する。

 気分転換は練習後に仲間内で楽しむサッカー。試合観戦やテレビゲームにも親しみ、「野球より好きかもしれない」と笑う。理想とする投手はプロ野球ヤクルトの左腕・石川雅規。卒業後はプロ入りを目指しており、「27日からの同志社戦は観客も多いはず。自分の投球を見せられたら」と伝統の戦いでアピールを狙う。

【 2017年05月16日 17時00分 】

ニュース写真

  • リーグ史上初となる2度目の無安打無得点試合を達成した東(立命大グラウンド)
  • 関西学生野球リーグの関大戦で自身2度目の無安打無得点試合を達成し、ポーズをとる立命大・東=ほっともっと神戸
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      夕張メロンの収穫始まる
      滑らかな舌触り、香り高く

      20170525000044

       高級果物として人気がある「夕張メロン」の収穫が25日朝、北海道夕張市で始まった。今年は..... [ 記事へ ]

      経済

      企業の地方拠点誘致へ 京都・南丹でオフィスセンター始動

      20170525000048

       京都府南丹市起業支援サテライトオフィスセンター「Soi(ソイ)」が24日、同市園部町の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      世界のアーティスト、京都で上演 10月に国際舞台芸術祭

      20170524000173

       京都国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT(KEX)2017」の上演ラインア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車ルール守って、スタントマン事故再現 京都の中学

      20170525000023

       スタントマンによる交通事故の再現を通じて、自転車の安全運転を心掛けてもらう授業が24日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]

      国際

      「反トランプ」デモ1万人
      ブリュッセルで抗議

      20170525000029

       【ブリュッセル共同】トランプ米大統領が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するた..... [ 記事へ ]