出版案内
福祉事業団

レスリングと柔道、二刀流挑む 京都の高校生

柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高

 東山高(京都市左京区)柔道部の3年谷本優駿(まさたか)さん(18)が、レスリングの全国高校総体(インターハイ)京都府予選で優勝し、3年連続で今夏の本大会出場を決めた。専門の柔道では個人3位と惜しくも全国切符を逃したが、格闘技の「二刀流」に挑む谷本さんは「最後のインターハイ。まずは1勝が目標」と闘志を燃やす。

 南区の唐橋小2年で柔道を始め、八条中では京都市春季総体などで優勝した。高校では171センチ、101キロの体格を生かし、100キロ級の試合で活躍。副主将としてもチームを引っ張っている。

 東山高柔道部では10年ほど前から強化の一環としてレスリングの練習を取り入れている。前監督の塩貝省吾教頭(51)は「レスリングの投げ技や寝技は柔道にも生かせて勉強になる」と話す。谷本さんも「つながるところが多い。練習も楽しかった」と1年から取り組んできた。

 塩貝教頭はレスリング強豪の網野高(京丹後市)などに出向いて競技の魅力を学んだ。「ひたむきに競技と向き合う姿勢に刺激を受けた。こちらが柔道部員でも嫌な顔をせず、レスリングの大会に出させてもらい本当にありがたい」と感謝する。

 レスリング専用のマットはなく、練習は柔道場で行う。選手は柔道着を脱いでTシャツと短パン姿になり、組み合って投げ技や寝技を繰り返す。道着を着ていない相手をいかに投げるか、うつぶせの相手をどうあおむけにするかを考える練習が、どちらの競技にもプラスになるという。

 谷本さんは3年間、柔道の個人ではインターハイに出場できなかったが、レスリングでは春の全国選抜大会を含めて今夏が5度目の全国舞台となる。「柔道もレスリングも競技に取り組む気持ちは変わらない。得意な投げ技を中心に結果を残したい」と力を込める。

【 2017年06月25日 21時00分 】

ニュース写真

  • 柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、最高値更新
      政府閉鎖解除見通しで

      20180123000011

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]

      国際

      第1次世界大戦、3D映像で復元
      終結百年、P・ジャクソンが

      20180123000006

       【ロンドン共同】第1次大戦の終結から今年で100年となるのを記念し、英国の帝国戦争博物..... [ 記事へ ]