出版案内
福祉事業団

レスリングと柔道、二刀流挑む 京都の高校生

柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高

 東山高(京都市左京区)柔道部の3年谷本優駿(まさたか)さん(18)が、レスリングの全国高校総体(インターハイ)京都府予選で優勝し、3年連続で今夏の本大会出場を決めた。専門の柔道では個人3位と惜しくも全国切符を逃したが、格闘技の「二刀流」に挑む谷本さんは「最後のインターハイ。まずは1勝が目標」と闘志を燃やす。

 南区の唐橋小2年で柔道を始め、八条中では京都市春季総体などで優勝した。高校では171センチ、101キロの体格を生かし、100キロ級の試合で活躍。副主将としてもチームを引っ張っている。

 東山高柔道部では10年ほど前から強化の一環としてレスリングの練習を取り入れている。前監督の塩貝省吾教頭(51)は「レスリングの投げ技や寝技は柔道にも生かせて勉強になる」と話す。谷本さんも「つながるところが多い。練習も楽しかった」と1年から取り組んできた。

 塩貝教頭はレスリング強豪の網野高(京丹後市)などに出向いて競技の魅力を学んだ。「ひたむきに競技と向き合う姿勢に刺激を受けた。こちらが柔道部員でも嫌な顔をせず、レスリングの大会に出させてもらい本当にありがたい」と感謝する。

 レスリング専用のマットはなく、練習は柔道場で行う。選手は柔道着を脱いでTシャツと短パン姿になり、組み合って投げ技や寝技を繰り返す。道着を着ていない相手をいかに投げるか、うつぶせの相手をどうあおむけにするかを考える練習が、どちらの競技にもプラスになるという。

 谷本さんは3年間、柔道の個人ではインターハイに出場できなかったが、レスリングでは春の全国選抜大会を含めて今夏が5度目の全国舞台となる。「柔道もレスリングも競技に取り組む気持ちは変わらない。得意な投げ技を中心に結果を残したい」と力を込める。

【 2017年06月25日 21時00分 】

ニュース写真

  • 柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      福島市長に木幡氏初当選
      元復興局長、現職ら破る

      20171119000137

       任期満了に伴う福島市長選は19日投開票され、無所属新人で元復興庁福島復興局長の木幡浩氏..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]