出版案内
福祉事業団

京都成章・彦根東、両監督に聞く 全国高校野球2回戦へ

 第99回全国高校野球選手権大会で京都成章は第7日(14日)の第1試合(8時)で神村学園(鹿児島)と、滋賀の彦根東は同日の第3試合(午後1時)で青森山田と対戦する。両チームの監督に戦い方などなどを聞いた。

■無駄な走者は出さない 京都成章・松井監督

 -組み合わせが決まって1週間。あらためて相手の印象を。

 「監督の意図がチームに浸透し、統率力がある。エース青柳は多彩な変化球を投げる技巧派で、簡単に連打はできないだろう。打線も力のある打者や小技を使う打者がしっかり線になっている」

 -初戦まで時間があった。

 「前半はしんどい練習で汗をかき、うまく準備できた。クリーンアップの中でも調子が上がっている4番川岸に期待している」

 -勝利の鍵は。

 「立ち上がりをしっかり戦う。打たれるのは仕方ないが、防げる失策や四球で無駄な走者を出さないことだ。ビッグイニングをつくらせず、終盤で1点を争う試合にできれば」

 -どう戦いたいか。

 「相手もうちもよく似たタイプ。良いチームだけに、頑張って勝ちたい。結束力では負けられない」

■粘って接戦、終盤勝負に 彦根東・村中監督

 -初戦から時間が開いた。

 「慣れは惰性になり、疲れにつながる。経験のない長期の宿舎生活なので、時間がたてば選手の様子も変わってしまう。1度試合を経験したので、直前になれば気持ちが入るだろう」

 -相手の印象は。

 「以前のような関西出身の選手が多いイメージはない。堅実な面がありそう。本塁打を打つ力はあるが、あまり意識はしない。うちに似て、細かな戦い方をするチームという印象がある」

 -どう戦うか。

 「粘って食らいついて終盤勝負しかない。走塁も駆使して1点をしっかり奪い、接戦に持ち込む。相手はうちが初戦で見せた戦い方を当然警戒してくる。ただ対策をすれば、その分慣れない守備でミスも起きる。そこも想定して攻めていきたい」

【 2017年08月13日 10時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      12月から不明の3歳男児と判明
      福井の河川敷で発見の遺体

      20180120000041

       福井県警坂井西署は20日、同県坂井市の河川敷で19日午前に見つかった男児の遺体はDNA..... [ 記事へ ]

      経済

      フェイスブック、配信元で表示差
      信頼できる記事優先

      20180120000029

       【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブックは19日、信頼できる報道機関によるニ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初春の力作ずらり 京都・北野天満宮で書き初め審査

      20180120000050

       能書で知られた菅原道真を祭る京都市上京区の北野天満宮で19日、正月に書道上達を願って奉..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      分校生徒大忙し、米こうじ作りピーク 京都・綾部

      20180120000039

       京都府立綾部高校の生徒による同高名物の米こうじ作りが、綾部市川糸町の同高東分校でピーク..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ヒアリなど襲来、外来種侵入防げ 京都府がバスターズ結成

      20180120000055

       京都府はこのほど、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」など特定外来生物の侵入や定着を防ぐ専門チ..... [ 記事へ ]

      国際

      前FBI長官が大学教授に
      「倫理的な指導者」で講義

      20180120000038

       【ワシントン共同】コミー前米連邦捜査局(FBI)長官が、バージニア州にある母校ウィリア..... [ 記事へ ]