出版案内
福祉事業団

ラグビー伏見工、最後の花園挑戦 校名、今季限り

伏見工の校名で最後となる「花園」出場に向け、練習に励む伏見工・京都工学院の選手(京都工学院高)
伏見工の校名で最後となる「花園」出場に向け、練習に励む伏見工・京都工学院の選手(京都工学院高)

 ラグビーの全国高校大会で4度の優勝を誇る伏見工が、現校名では最後となる「花園」出場を懸け、24日に開幕する京都府予選に挑む。合同チームの「伏見工・京都工学院」は今季限りとなり、伏見工の3年生が引退すると、京都工学院の1、2年生が偉大な歴史を受け継ぐことになる。チームは「伏見工の看板を背負って戦うのは最後。支えてくれた方に勝って恩返しを」と闘志を燃やす。

 伏見工は1959年創部。74年に日本代表フランカーとして活躍した山口良治氏(現総監督)が監督に就任し、79年度に全国高校大会に初出場した。翌年度に故平尾誠二さんらを擁して初優勝、これまで計20度の出場で4度の全国制覇と2度の準優勝を果たした。

 OBでもある松林監督は「『伏見』の名前を大事にしてきた中で、最後の節目という自覚はある。ファンから惜しまれる声は痛いほど感じている」と胸の内を語る。選手も、OB戦などで母校を訪れた卒業生から「頑張れよ」と激励されてきた。

 3年生は入学時から、自らの学年が「伏見工」として最後の試合を迎えることを自覚してきた。思い入れは強く、フランカー高木は「伏見の名前がなくなるのは嫌だけど、最後の試合は僕たちしかできない。期待に応えたい」と力を込める。

 今春の全国高校選抜大会出場は逃したが、充実した筋力トレーニングや夏合宿で個々の力が向上。8月の練習試合では大分舞鶴など全国の強豪を相手に7勝2敗の好成績を残した。亀川主将は「接戦を重ね、メンタルの強さとプレーの精度が上がってきた。一日一日を大切にしたい」と勝負の秋を見据える。

 練習拠点はすでに、人工芝やウエートルームが整備された京都工学院のグラウンドに移っている。松林監督は「学校の名前にかかわらず、一人一人がひたむきに、諦めずにラグビーに向き合う姿勢が伏見らしさ。伏見のスピリッツはこれからも受け継いでいく」と話す。

【 2017年09月13日 08時29分 】

ニュース写真

  • 伏見工の校名で最後となる「花園」出場に向け、練習に励む伏見工・京都工学院の選手(京都工学院高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      再稼働控え、大飯原発を視察 京都府や30キロ圏市町関係者

      20170919000200

       来年1月以降に再稼働が計画されている関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機を、京..... [ 記事へ ]

      経済

      スプリント、Tモバイルと合併か
      ソフトバンク傘下、テレビ報

      20170920000007

       【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは19日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の移ろい眺め1200年 東寺五重塔、ドローン撮影

      20170919000083

       京都のランドマークとしてそびえ立つ塔の脇から、ドローンを少しずつ上昇させる。各層の屋根..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子育てに心理学、理論と実践学ぶ 滋賀・近江八幡

      20170918000101

       子育てのヒントを学ぶ講座「心理学で子育て、生き方を楽しもう」が17日、滋賀県近江八幡市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      卵子の元、ES細胞から作る 京大、マウスで仕組み解明

      20170919000182

       卵子の元となる「卵母細胞」ができるのに必要なビタミンなどを、京都大医学研究科の斎藤通紀..... [ 記事へ ]

      国際

      カラシニコフ氏の銅像除幕
      モスクワ、自動小銃AK47開発

      20170919000189

       【モスクワ共同】世界の紛争地で今日も広く使われ「人類史上、最も多くの人を殺した武器」と..... [ 記事へ ]