出版案内
福祉事業団

マラソン練習、もう1歩踏みこみ挑戦を 日本陸連・河野氏

「2018年は目いっぱい強化する年」と語る日本陸連の河野長距離・マラソンディレクター(京都市中京区)
「2018年は目いっぱい強化する年」と語る日本陸連の河野長距離・マラソンディレクター(京都市中京区)

 14日の全国女子駅伝を前に、日本陸連の河野匡長距離・マラソンディレクターに、日本女子中長距離界の課題や、東京五輪に向けた2018年の強化方針などを聞いた。

 -昨夏の世界選手権ロンドン大会で、日本女子長距離の選手は結果を残せなかった。

 「5000メートル、1万メートルはベースとなるスピード、ラストの切れ味が明らかに足りなかった。マラソンは国際大会の経験不足で、大舞台で自分の力を出し切れる力がなかった」

 -昨年から2020年東京五輪のマラソン代表選考が始まった。 「過去3大会の五輪の結果を見て、日本の弱点はマラソンをコントロールする力がないことと認識している。克服するためにマラソンを複数回経験すること、自国開催の五輪の大きな重圧の中でも順位を取ることを重視した選考方式になった。これまでのレースで最後まで自分の力を出し切ろうとする姿勢が見られていると感じている。各選手で一つ一つのマラソンの経験を積み上げてほしい」

 -日本記録が長年更新されていない。

 「端的に言えば力がない。ケニアの選手や(福岡国際マラソンで好走した)大迫傑選手は結局、ハードな練習をしている。選手と指導者が科学的なトレーニングから、もう一歩踏み込んで挑戦することを躊躇しているのかなと思う。打破するための刺激策を考えたい。2018年は目いっぱい強化する年。やろうか、やるまいか迷うことにもチャレンジできる」

 -今回の全国女子駅伝に期待することは。

 「若い選手が多く顔ぶれが変わった印象を受ける。2020年やその後に向け期待したい選手もいる。駅伝はあくまでも強化のツール。世代を超えた経験をして、一皮むけるきっかけにしてほしい」

【 2018年01月10日 17時30分 】

ニュース写真

  • 「2018年は目いっぱい強化する年」と語る日本陸連の河野長距離・マラソンディレクター(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      オホーツク上空で流氷観測、海保
      平年並みに南下

      20180117000148

       第1管区海上保安本部(小樽)は17日、オホーツク海で航空機による流氷観測を実施した。船..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホのバーコードで決済
      ドコモが新サービス

      20180117000123

       NTTドコモは17日、バーコードや2次元コードを活用した決済サービスを4月に始めると発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アイヌ同化策に加担、教団の歴史直視 東本願寺で資料展示

      20180117000087

       京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺にある参拝接待所ギャラリーで、同派とアイヌ民族と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大の被爆者標本、どこへ <持ち去られた被爆者資料>

      20180117000019

       歴史認識問題は現在もアジアの国際関係を揺さぶる。インターネット上では国境や民族とは何か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      食物選ぶ神経細胞をマウスで特定
      「ストレスで過食」解明も

      20180117000136

       食べ物に含まれる栄養素のうち、脂肪と炭水化物のどちらをより多く求めるかに関わる神経細胞..... [ 記事へ ]

      国際

      「雨傘運動」主導者に禁錮3月
      香港、裁判命令に違反

      20180117000088

       【香港共同】香港の高等法院(高裁)は17日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」で..... [ 記事へ ]