出版案内
福祉事業団

ミス日本の高田さん、陸上で内面磨く 女子駅伝も応援

「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)
「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)

 「ミス日本コンテスト2017」でグランプリに輝いた大阪大3年の高田紫帆さん(21)=京都市北区=は、高校まで陸上の中長距離に打ち込んだ。全国女子駅伝にも憧れていた。「陸上で教えてもらった日本一になるためのメソッド(方法)を応用した。学んだことが正しかったことが証明できたと思う」と笑顔で振り返る。

 子どもの時から走るのが好きで、家まで走って帰っていた。紫明小3年から府内のマラソン大会を4連覇し、6年で大文字駅伝に出場。加茂川中2年の時にジュニア五輪、全国中学駅伝に出場した。

 西京高では入学直後に腰を疲労骨折。1年間コルセットを巻いて過ごし、歩くのも難しい時期があった。治った後も、本来の走りは取り戻せなかった。

 大学2年の時、ミス日本コンテストに応募した。審査の中で振り袖を着て能の所作を学んだり、外交官から話を聞ける機会があり、「日本の文化や政治経済を、体験を通じて学びたかった」と語る。

 陸上に没頭した日々が、コンテストで生かされた。審査は見た目だけでなく、内面や行動にも及ぶ。そもそも「外見を磨いたり、着飾ることは陸上では邪念だったから苦手」。だからこそ「自分の考えをしっかり話すことを強みにしよう」と臨んだ。陸上で、短期と長期の目標を立て、毎日の決め事をこなし、本番でも流されず自分を保つことを学んだ。毎日、日誌を書く習慣は、自己を見つめ直し、気持ちを伝えることに役に立った。

 「やっと日本一になれました」。昨年1月、涙声で西京高の渡辺為彦監督に電話で喜びを報告した。陸上部の目標だった「どうせやるなら日本一」を忘れていなかった。

 中学時代、全国女子駅伝の京都チーム強化合宿の書類をもらった。今も大切に取ってある。ほぼ毎年、自宅近くの紫明通に出向き、合宿で一緒だった一つ上の筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)や、高校の先輩の奥野有紀子(資生堂、京産大出)に声援を送った。「応援すると自分も頑張ろうという気持ちになれる」と笑顔で話す。

【 2018年01月11日 11時40分 】

ニュース写真

  • 「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)
  • 京都府中学駅伝で優勝のゴールテープを切る加茂川中の高田さん(2010年11月、丹波自然運動公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      シドニーと群馬、ネットで交流
      子どもたちがアート体験

      20180116000158

       【シドニー共同】オーストラリア・シドニーのオペラハウスと、群馬県の太田市美術館・図書館..... [ 記事へ ]

      経済

      資生堂が女子高生と商品開発
      新ブランド、雑貨や文具などで

      20180116000145

       資生堂は16日、商品やサービスの開発に女子高校生と取り組む新ブランド「POSME(ポス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ディラン氏受賞は「民衆の歌を評価」 歌手・中川五郎さん

      20180116000056

       同志社大出身のフォークシンガー、中川五郎さん(68)が音楽活動50周年を迎え、これまで..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ナマズのミイラ初展示 京都外大、エジプトで収集

      20180116000108

       イスラム文化圏や中南米の資料を収蔵する京都市右京区西院笠目町の京都外国語大国際文化資料..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      イプシロン18日打ち上げ
      民間の地球観測衛星搭載

      20180116000090

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小型の固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を..... [ 記事へ ]

      国際

      首都認定に対抗策示せず
      パレスチナ、限界を露呈

      20180116000151

       【エルサレム共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受けて..... [ 記事へ ]