出版案内
福祉事業団

岡山、天満屋勢が好調保つ 女子駅伝戦力分析、中国・四国

前回大会は最終9区で6人を抜いて区間賞を獲得した岡山の小原怜(2017年11月・仙台市)
前回大会は最終9区で6人を抜いて区間賞を獲得した岡山の小原怜(2017年11月・仙台市)

 第36回全国女子駅伝が14日、京都市内で実施され、47都道府県から選ばれたランナーがたすきをつなぐ。各チームの顔ぶれ、目標などを地域ごとに紹介する。

 前回京都に2秒差の2位だった岡山は、エース小原怜をはじめ天満屋勢が健在。西脇舞も全日本実業団駅伝で2区2位と好調だ。愛媛国体少年女子1500メートル優勝の金光由樹(岡山操山高)ら高校生も強く、広瀬洋介監督は「前半で勢いに乗せ、中学生の力も引き出せれば入賞圏内に入れる」と語る。

 高知は世界選手権5000メートル代表の鍋島莉奈(日本郵政グループ)の1区での飛び出しに期待する。松田杏奈(京セラ)は全日本実業団駅伝1区でトップと8秒差の6位。永田克久監督は「鍋島が区間賞を取り、前半を上位でしのげば、いい位置で松田に渡せる」とにらむ。

 山口は棟久由貴(東農大)が力を伸ばし、ユニバーシアード・ハーフマラソンで優勝を果たした。全国高校駅伝17位の西京高勢も主要区間を担う。吉崎康志監督は「将来が楽しみな選手がそろった。今後にもつながる大会になる」と話す。

 昨年36位と苦戦した広島。浜崎正信監督は「実業団がエース不在。何とか中高生の実力を引き出せるポジションでつないでほしい」。全国高校駅伝9位の世羅高勢、OGの小吉川志乃舞(ユニバーサルエンターテインメント)らの奮起が欠かせない。

 愛媛は日本学生対校選手権3000メートル障害2位の岡田佳子(松山大)やジュニア五輪A女子3000メートル5位の友近凜音(勝山中)に加え、実業団選手2人の存在も大きい。越智大介監督は「昨年は大学生以下だけで戦っただけに非常に心強い」と話す。徳島は伊藤舞(京都橘高-京産大出)ら大塚製薬の選手が軸。緒方美咲(松山大)は日本学生対校選手権5000メートル4位。山田政明監督は「1、2区でうまくつなげれば30位以内を狙える」と話す。

 島根は主将の万代美幸(豊田自動織機)ら実業団選手で流れに乗り、「中盤の高校生区間でどう耐えるかにかかる」(多久和政徳監督)。香川は1区予定の関野茜ら今治造船の選手が踏ん張りたい。三谷昌輝監督は「少しでも順位を上げ、県内の選手の励みになれれば」と話す。鳥取は全日本実業団駅伝を走った津崎紀久代(ノーリツ)、藤田理恵(京セラ)らが頼り。坂田浩美監督は「県ベストタイムを目指したい」とした。

■双子の中学生、闘志 今岡宥莉香、英莉南(島根)

 ○…島根の河南中3年の今岡宥莉香(ゆりか)英莉南(えりな)は双子姉妹。近くの中学校に陸上部がないため、自転車で30分かかる河南中に入学し、全国中学駅伝出場にも貢献した。

 昨年は同学年のライバルで双子姉妹の加藤小雪、美咲(ともに仁多中)が中学生区間を走り、補欠だった宥莉香はサポートに回った。「複雑な気持ちだったが、今年はチームや古里のためにどんな形でも尽くしたい」と意気込む。英莉南は前回、予備メンバーとして帯同された。「今度は選手として来られた。姉とは勝ったり負けたり。意識しあって頑張っている」と話す。今回もエントリーした加藤小雪と、本番の走者をかけて競っている。

【 2018年01月11日 12時20分 】

ニュース写真

  • 前回大会は最終9区で6人を抜いて区間賞を獲得した岡山の小原怜(2017年11月・仙台市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮、21日に視察団派遣
      平昌五輪、韓国に伝達

      20180120000099

       【ソウル共同】北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪への芸術団派遣に先立ち、20日に予定していた視..... [ 記事へ ]