出版案内
福祉事業団

「スーパーマリオラン」DL1億件超にらむ 任天堂、新ゲームも

「スーパーマリオラン」は配信から4日間でダウンロード数が4千万件を超えた
「スーパーマリオラン」は配信から4日間でダウンロード数が4千万件を超えた

 任天堂の君島達己社長は22日、京都新聞社のインタビューに応じ、16日に配信を開始したスマートフォン向けアクションゲーム「スーパーマリオラン」について、ダウンロード数で1億件以上の達成が可能との見通しを示した。2017年度以降も年2~3本のスマホゲームを配信する考えも明らかにした。

 「マリオラン」は配信から4日間でダウンロード数が4千万件を超えている。君島社長は「期待通りだ」と手応えを語り、当面の配信先であるiPhone(アイフォーン)など米アップル端末向けだけで大台突破は可能との見方を示した。

 ヒットの要因の一つに独自の課金方式を挙げた。序盤は無料だが、1200円払うと全体を楽しめる。他社のスマホゲームでは追加アイテム購入に高額をつぎ込む問題が起きていただけに、「保護者が心配しないで済むようにした」という。

 今後は基本ソフト「アンドロイド」版を来年にも投入する。スマホゲームを新たな収益の柱に育て、「本業のゲーム機ビジネスの押し上げ」や「ゲームファンの拡大」などの効果を狙う。来年3月発売の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に対しても「『任天堂が何か面白いことをやっている』と伝われば、好影響がある」と期待した。

 マリオランに対する評価はゲーム業界でも高い。ゲーム誌を発行するファミ通グループの代表、浜村弘一カドカワ取締役は「子どもでも簡単に遊べる一方で奥が深く、長く楽しめる」と述べ、人気ゲーム「スーパーマリオ」を片手でプレイできる手軽さが奏功したとの分析を示した。

 今後の課題は有料プレーヤーの拡大だ。米調査会社アップアニーによると、配信後3日間で任天堂が得た収益は1400万ドル(約16億5千万円)で、有料の割合は約4%にとどまる。君島社長は「利用者の反応を見ながら改善し、課金する人の割合を高める」と述べ、既にバージョンアップを実行したことを明らかにした。

【 2016年12月23日 10時47分 】

ニュース写真

  • 「スーパーマリオラン」は配信から4日間でダウンロード数が4千万件を超えた
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都発「エコボール」全国へ 元プロ野球・大門さんの話きっかけ

      20170119000145

       高校球児らが練習で破れるまで使い込んだ硬球を、障害者たちが安価で修繕する「エコボール」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽天の名手藤田、さらなる高みへ
      「全てに数字を残したい」

      20170119000165

       楽天の藤田が19日、京都市内で練習を公開した。オフに新たに2年契約を結んだ34歳の正二..... [ 記事へ ]

      経済

      デジカメ市場に大政奉還級の衝撃? 富士フイルムが新製品

      20170119000141

       富士フイルムは19日、写真表現の性能を大幅に高めた高級ミラーレスデジタルカメラの新製品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・綾部で「冬の三湯巡り」はいかが お得なチケット販売

      20170119000094

       京都府の綾部市観光協会などは、同市内にある温泉3施設の共通チケット「あやべ冬の三湯巡り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]