出版案内
福祉事業団

全力指導が故郷・福島への恩返し 女子駅伝、和歌山・長山監督

東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市
東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市

 東日本大震災から6年を迎える今年も、被災した故郷を思いながら都大路に臨む指導者がいる。福島県いわき市出身で全国女子駅伝の和歌山チーム監督を務める長山丞さん(35)。震災後に福島を離れることを悩んだ時期もあったが、指導者としての成長が恩返しになると信じる。「少しでも前向きな刺激を届けられたら」と全力のレースを誓う。

 福島県沿岸部のいわき市小名浜で育った。中学で全国男子駅伝に出場し、陸上の強豪・田村高時代は全国高校駅伝や国体で活躍。順天堂大で箱根駅伝を3度走り、卒業後は実業団にも所属した。

 現役引退後、母校の田村高でコーチをしていた年に東日本大震災が起こった。学校で地面が30~40センチほど動いているような横揺れに遭い、校舎に亀裂が入った。母親が住んでいた県沿岸部の実家は揺れで半壊、祖母の家はあと約50メートルまで津波が迫った。津波で全壊した親戚の家もあった。

 学校は避難所となり、長山さんは食事の配給や暖房器具の燃料の入れ替えに奔走した。福島第1原発事故の影響で、妻の実家がある神戸市に一時避難もした。その後、大学時代の恩師から和歌山の陸上強化の打診を受け、2012年に県内の神島(かしま)高(田辺市)へ赴任した。

 震災で進学できなかったり、夢を諦めたりする人が大勢いた。復興や原発事故の収束が見通せない中で、福島を離れることに「これでいいのか」と自問した。それでも「自分にとってベストの選択か分からないが、信じる道に突き進む勇気も必要」と言い聞かせ、新天地を選んだ。

 豊富な競技経験を生かし、神島高では赴任2年目に女子を全国高校駅伝出場に導いた。2年前から全国女子駅伝の監督を任され、周囲の期待も大きい。「福島で育てられた自分の全てを和歌山で発揮し、県の競技力向上に貢献したい。成果を出さなければ、こっちに来た意味がないと思っている」と覚悟をにじませる。

【 2017年01月12日 16時00分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      米軍ヘリが農道に不時着
      沖縄・伊計島、けがなし

      20170120000161

       20日午後7時半ごろ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリコプターが..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都翔英・石原ら優秀選手表彰 京都府高野連報告総会

      20170120000165

       京都府高野連は20日、京都市右京区の京都外大で評議員会と報告総会を開き、昨夏の甲子園に..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時110ドル高

      20170121000002

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅反発し、上..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大寒、ほころぶ梅に春遠からじ 大津・石山寺

      20170120000162

       石山寺(大津市石山寺1丁目)の梅園で、1本の梅が花を咲かせている。20日は1年で最も寒..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      黒潮で爆弾低気圧が急発達
      海洋機構、スパコンで解析

      20170121000001

       日本の南岸を沿うように太平洋を西から東日本沖へと流れる黒潮が、冬に大雨や大雪をもたらす..... [ 記事へ ]