出版案内
福祉事業団

全力指導が故郷・福島への恩返し 女子駅伝、和歌山・長山監督

東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市
東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市

 東日本大震災から6年を迎える今年も、被災した故郷を思いながら都大路に臨む指導者がいる。福島県いわき市出身で全国女子駅伝の和歌山チーム監督を務める長山丞さん(35)。震災後に福島を離れることを悩んだ時期もあったが、指導者としての成長が恩返しになると信じる。「少しでも前向きな刺激を届けられたら」と全力のレースを誓う。

 福島県沿岸部のいわき市小名浜で育った。中学で全国男子駅伝に出場し、陸上の強豪・田村高時代は全国高校駅伝や国体で活躍。順天堂大で箱根駅伝を3度走り、卒業後は実業団にも所属した。

 現役引退後、母校の田村高でコーチをしていた年に東日本大震災が起こった。学校で地面が30~40センチほど動いているような横揺れに遭い、校舎に亀裂が入った。母親が住んでいた県沿岸部の実家は揺れで半壊、祖母の家はあと約50メートルまで津波が迫った。津波で全壊した親戚の家もあった。

 学校は避難所となり、長山さんは食事の配給や暖房器具の燃料の入れ替えに奔走した。福島第1原発事故の影響で、妻の実家がある神戸市に一時避難もした。その後、大学時代の恩師から和歌山の陸上強化の打診を受け、2012年に県内の神島(かしま)高(田辺市)へ赴任した。

 震災で進学できなかったり、夢を諦めたりする人が大勢いた。復興や原発事故の収束が見通せない中で、福島を離れることに「これでいいのか」と自問した。それでも「自分にとってベストの選択か分からないが、信じる道に突き進む勇気も必要」と言い聞かせ、新天地を選んだ。

 豊富な競技経験を生かし、神島高では赴任2年目に女子を全国高校駅伝出場に導いた。2年前から全国女子駅伝の監督を任され、周囲の期待も大きい。「福島で育てられた自分の全てを和歌山で発揮し、県の競技力向上に貢献したい。成果を出さなければ、こっちに来た意味がないと思っている」と覚悟をにじませる。

【 2017年01月12日 16時00分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災で被災した故郷・福島への思いを胸に、選手を指導する和歌山チーム監督の長山さん(右)=和歌山県田辺市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      松井氏、証人喚問応じる意向
      大阪府議会は百条委協議

      20170324000081

       日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は24日、森友学園への国有地払い下げ問題を巡る国会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      早実5―4明徳義塾
      早実が逆転勝ち

      20170324000086

       早実が逆転勝ちした。2点を追う九回無死一、三塁から野田の三ゴロで1点差とし、2死満塁で..... [ 記事へ ]

      経済

      日銀総裁、金利目標引き上げない
      緩和継続訴え

      20170324000079

       日銀の黒田東彦総裁は24日、東京都内で講演し「海外の長期金利の上昇に応じて、長期金利の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      漂着ごみをアートに、琴引浜を美しく 京都・網野高生

      20170324000075

       京都府京丹後市網野町の網野高美術部が、地元の琴引浜に打ち寄せられたごみを使った「漂着ご..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大卒業式「共存へ向き合って」 首相や朴前大統領に仮装も

      20170324000080

       京都大の卒業式が24日、京都市左京区のみやこめっせであった。式辞で山極寿一総長は、英国..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]