出版案内
福祉事業団

昨年より上位へ 女子駅伝、意気込む京都・滋賀の両監督

【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)
【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)

 15日の号砲を前に、3年ぶりの優勝を目指す京都の沢井宏次監督と、25位以上を目指す滋賀の吉居克広監督に、レースの展望や意気込みを聞いた。

■普段の走りを心掛ければ 京都・沢井監督

 -チームの仕上がりは。

「11日の練習で高校生は前回の合宿より走れており、全体が良くなってきた。中学生も順調に来ている。(合流する)立命大生は年末の全日本大学選抜駅伝が終わって間がないが、心身ともに合わせてくれるだろう。実業団選手は今季しっかり力をつけており、期待できる」

 -オーダーや展開の理想は。

 「筒井咲帆(ヤマダ電機)や一山麻緒(ワコール)に主要区間を走ってもらうことになる。1区で先頭争いをして2、3区も前の位置で走り、去年のような展開で4~8区で先頭に立ち、引き離したい」

 -実業団勢も含め、若いチームになった。

 「中高生は実業団選手に対して憧れがあるが、年齢があまり変わらないので、すぐに打ち解けて、まとまってくれたら。力がある選手ばかりなので、勝ちたいと意識しすぎず、普段通りの走りを心掛ければ発揮できると思う。いい流れで来たら、よし、私も頑張ろうとなる」

 -指揮を執って2年目となる。

 「前回(4位)は中盤までトップで走れたので、優勝できる力はあるという実感がある。自分の中では、優勝したい気持ちがより強くなっている」

■信頼し合い粘りのレース 滋賀・吉居監督

 -チーム状態は。

 「全国高校駅伝の疲れが抜けきっていない者もいるが、いい状態になってきた。前回のメンバーが多く残っており、それぞれ成長している。合宿でも昨年より速いペース設定の練習をこなせた」

 -どんなレース展開を想定しているか。

 「1、2区の大学生、社会人が20位台でつないでほしい。中盤区間を担う高校生は順位を上げる力がある。アンカー予定の桑原彩(積水化学)はしっかり体をつくっており、安定して走ってくれるはず。25位以内を目指したい」

 -ポイントは。

 主将の井上彩花(大塚製薬)がどれだけ粘れるか。昨年は思うように走れず悔しかったと思う。最年長でもあり、ベテランの意地を見せてほしい。棚池穂乃香(京産大)は全日本大学選抜駅伝で区間賞を取った。スピードを生かしながら長距離も走る力がついている」

 -監督2年目を迎えた。

 「意識しているのは、大学生、社会人になっても滋賀代表に戻ってきたくなるチームづくり。中高生の合宿では生徒自身にミーティングなどを任せ、責任を持たせている。所属を超えて一つのチームになり、仲間と信頼しあうことが、レースでも最後の粘りにつながる。そんな駅伝の醍醐味(だいごみ)を味わってほしい」

【 2017年01月12日 15時23分 】

ニュース写真

  • 【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      首相、やじ対応「不徳」
      都議選演説で「こんな人たち」

      20170724000075

       安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、東京都議選で街頭演説した際、自らにやじを飛ばし..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      韓国、五輪野球監督に宣銅烈氏
      中日で抑え投手として活躍

      20170724000065

       2020年東京五輪で復活する野球の韓国代表監督に、プロ野球中日で抑え投手として活躍した..... [ 記事へ ]

      経済

      「経営力向上計画」策定増える 京都・滋賀の事業所

      20170724000076

       新たな設備の導入や人材育成などで経営課題の解決を図る「経営力向上計画」を策定する事業所..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]