出版案内
福祉事業団

昨年より上位へ 女子駅伝、意気込む京都・滋賀の両監督

【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)
【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)

 15日の号砲を前に、3年ぶりの優勝を目指す京都の沢井宏次監督と、25位以上を目指す滋賀の吉居克広監督に、レースの展望や意気込みを聞いた。

■普段の走りを心掛ければ 京都・沢井監督

 -チームの仕上がりは。

「11日の練習で高校生は前回の合宿より走れており、全体が良くなってきた。中学生も順調に来ている。(合流する)立命大生は年末の全日本大学選抜駅伝が終わって間がないが、心身ともに合わせてくれるだろう。実業団選手は今季しっかり力をつけており、期待できる」

 -オーダーや展開の理想は。

 「筒井咲帆(ヤマダ電機)や一山麻緒(ワコール)に主要区間を走ってもらうことになる。1区で先頭争いをして2、3区も前の位置で走り、去年のような展開で4~8区で先頭に立ち、引き離したい」

 -実業団勢も含め、若いチームになった。

 「中高生は実業団選手に対して憧れがあるが、年齢があまり変わらないので、すぐに打ち解けて、まとまってくれたら。力がある選手ばかりなので、勝ちたいと意識しすぎず、普段通りの走りを心掛ければ発揮できると思う。いい流れで来たら、よし、私も頑張ろうとなる」

 -指揮を執って2年目となる。

 「前回(4位)は中盤までトップで走れたので、優勝できる力はあるという実感がある。自分の中では、優勝したい気持ちがより強くなっている」

■信頼し合い粘りのレース 滋賀・吉居監督

 -チーム状態は。

 「全国高校駅伝の疲れが抜けきっていない者もいるが、いい状態になってきた。前回のメンバーが多く残っており、それぞれ成長している。合宿でも昨年より速いペース設定の練習をこなせた」

 -どんなレース展開を想定しているか。

 「1、2区の大学生、社会人が20位台でつないでほしい。中盤区間を担う高校生は順位を上げる力がある。アンカー予定の桑原彩(積水化学)はしっかり体をつくっており、安定して走ってくれるはず。25位以内を目指したい」

 -ポイントは。

 主将の井上彩花(大塚製薬)がどれだけ粘れるか。昨年は思うように走れず悔しかったと思う。最年長でもあり、ベテランの意地を見せてほしい。棚池穂乃香(京産大)は全日本大学選抜駅伝で区間賞を取った。スピードを生かしながら長距離も走る力がついている」

 -監督2年目を迎えた。

 「意識しているのは、大学生、社会人になっても滋賀代表に戻ってきたくなるチームづくり。中高生の合宿では生徒自身にミーティングなどを任せ、責任を持たせている。所属を超えて一つのチームになり、仲間と信頼しあうことが、レースでも最後の粘りにつながる。そんな駅伝の醍醐味(だいごみ)を味わってほしい」

【 2017年01月12日 15時23分 】

ニュース写真

  • 【左】「昨年より総合力が上がっている」と手応えを語る滋賀の吉居監督(皇子山陸上競技場)【右】「優勝したい気持ちが強まっている」と語る京都の沢井監督(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      建物の防火設備不備、15年度比2倍超 滋賀・湖南地域

      20170527000025

       湖南広域消防局(滋賀県栗東市小柿3丁目)が2016年度に実施した草津、栗東、守山、野洲..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マルセイユの酒井宏を高く評価
      監督が総括、フランス1部

      20170527000020

       【マルセイユ(フランス)共同】サッカーのフランス1部リーグで酒井宏樹の所属するマルセイ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、7日ぶり小幅反落
      ナスダックとSP最高値

      20170527000012

       【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、小幅ながら7..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秦テルヲの作品、90年ぶり発見 京都、異端の日本画家

      20170527000030

       明治から昭和にかけて活躍した異端の日本画家、秦(はだ)テルヲが大正期に手がけ、行方が分..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      養殖サケ、赤潮から救え
      京大などチリで調査開始

      20170526000182

       日本のスーパーで売られているチリ産サーモンの養殖業が、現地で深刻な赤潮被害を受けている..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖の赤潮、8年間発生ゼロ 水質改善対策が効果?

      20170527000022

       富栄養化が原因とされる琵琶湖の赤潮が、8年間発生していない。1977年5月27日、赤潮..... [ 記事へ ]