出版案内
福祉事業団

「まず1点、そして初戦突破」 滋賀学園・山口監督らに聞く

握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園

 滋賀学園は21日の選抜高校野球第3日の第2試合で、好右腕を擁する東海大市原望洋(千葉)と対戦する。滋賀学園の山口達也監督と東海大市原望洋の和田健次郎監督に展望を聞いた。

 -チーム状態は。

 山口「けが人なく、開幕を迎えることができた。キーマンはバッテリー。投手の神村と棚原、捕手の後藤のバッテリーがどう試合をつくるか。投手陣は右肩上がりによくなってきた」

 和田「チーム状態は上がっている。エース金久保と宍倉のバッテリーが中心。打線は1番宍倉、3番荒川、4番金久保、5番大野が鍵になる」

 -互いの印象は。

 山口「今大会注目の背番号『1』、金久保投手を攻略しなければ、ゲームをつくれない。昨秋の関東大会準優勝でチーム力が高く、中学校で全国大会を経験した選手が多い」

 和田「打撃もいいが、やはりバッテリー中心のチーム。神村、後藤のバッテリーや棚原投手が8強入りした昨年の甲子園を経験していることが大きい」

 -理想とする試合展開は。

 山口「先制点を奪いたい。打線と相手エースとのファーストタッチで試合の流れが決まる。まず1点を奪い、初戦突破を目指す」

 和田「守備からリズムをつくって先制し、接戦に持ち込みたい。甲子園では勝ったことがないので、1勝して校歌を歌いたい」

【 2017年03月20日 23時19分 】

ニュース写真

  • 握手を交わす滋賀学園の山口監督(右)と東海大市原望洋の和田監督=甲子園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      温暖化に強いモモ開発、農研機構
      「さくひめ」、味や大きさ上

      20170628000067

       農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は28日、地球温暖化に強い新品種のモモ「さく..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドジャース前田が好投、6勝目
      エンゼルス戦

      20170628000082

       ▽ドジャース―エンゼルス(27日・ロサンゼルス) ドジャースの前田は先発して7回を投げ、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値94円安
      利益確定売り強まる

      20170628000084

       28日の東京株式市場は、このところの相場上昇を警戒した利益確定の売りが強まり、日経平均..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      良質な芸術届けて20年 京都・舞鶴のサンムーンで企画展

      20170628000079

       京都府舞鶴市のJR東舞鶴駅近くにあって身近に文化に触れられる場所として親しまれている画..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方1号機の廃炉計画認可
      原子力規制委、5原発目

      20170628000054

       原子力規制委員会は28日の定例会合で、運転開始から40年となる四国電力伊方原発1号機の..... [ 記事へ ]