出版案内
福祉事業団

京都府立医大事件、武田病院医師ら3人逮捕 虚偽診断作成容疑

 京都府立医科大付属病院(京都市上京区)が暴力団組長の収監見送りを巡り、検察庁に虚偽の病状を記した回答書を提出したとされる事件で、京都府警捜査2課などは27日夜、虚偽診断書等作成・同行使の疑いで、康生会・武田病院(下京区)の医師で不整脈治療センター所長の男(61)=左京区吉田河原町=ら3人を逮捕した。捜査関係者によると、武田病院の医師らは暴力団側から現金計約100万円を受け取った上で、虚偽の診断をしたと認めているという。

 他に逮捕されたのは、同病院の職員だった男(45)=大津市観音寺=と、会津小鉄会系組員の男(48)=宇治市六地蔵奈良町。組員は、指定暴力団山口組系淡海一家(大津市)総長の高山義友希受刑者(60)の実父が組長だった会津小鉄会系中川組に所属し、高山受刑者ともつながりがあったという。

 逮捕容疑は共謀し、2016年2月8日、高山受刑者の刑務所収監を免れさせるため、「心室性不整脈」を発症し、容体が重篤化する恐れがあるなどと虚偽の内容を回答書に記載し、大阪高検に提出した疑い。

 捜査関係者によると、武田病院の職員だった男が組員側から高山受刑者の診断書に虚偽を書くよう要求された疑いがある。医師の男と職員の男はこれまでの任意聴取に対し、組員から現金などを受け取り、回答書に虚偽の内容を記載したことを認めたという。

 武田病院の医師は2月下旬、京都新聞社の取材に対し「医師として普通のことをやっただけ」と話していた。

 高山受刑者は公判中だった12年5月に保釈され、武田病院で不整脈や腎臓病の治療を受けていた。14年7月に同病院を通じ、協力関係にある府立医科大付属病院で、生体腎移植手術を受けた。懲役8年の実刑が確定したが16年2月に刑の執行が停止され、今年2月まで収監が見合わされていた。

 府警は2月、高山受刑者の病状を記した検察への回答書の内容について、虚偽公文書作成容疑などで、府立医科大付属病院と武田病院を家宅捜索。武田病院は、府立医科大付属病院から医師派遣を受けている。府警は府立医科大の吉川敏一学長(69)と高山受刑者との関係も調べる。

【 2017年03月28日 08時53分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新王者の村田諒太、京都で祝賀会
      「みんなに喜びを」

      20171120000029

       10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]