出版案内
福祉事業団

京都府立医大事件、武田病院医師ら3人逮捕 虚偽診断作成容疑

 京都府立医科大付属病院(京都市上京区)が暴力団組長の収監見送りを巡り、検察庁に虚偽の病状を記した回答書を提出したとされる事件で、京都府警捜査2課などは27日夜、虚偽診断書等作成・同行使の疑いで、康生会・武田病院(下京区)の医師で不整脈治療センター所長の男(61)=左京区吉田河原町=ら3人を逮捕した。捜査関係者によると、武田病院の医師らは暴力団側から現金計約100万円を受け取った上で、虚偽の診断をしたと認めているという。

 他に逮捕されたのは、同病院の職員だった男(45)=大津市観音寺=と、会津小鉄会系組員の男(48)=宇治市六地蔵奈良町。組員は、指定暴力団山口組系淡海一家(大津市)総長の高山義友希受刑者(60)の実父が組長だった会津小鉄会系中川組に所属し、高山受刑者ともつながりがあったという。

 逮捕容疑は共謀し、2016年2月8日、高山受刑者の刑務所収監を免れさせるため、「心室性不整脈」を発症し、容体が重篤化する恐れがあるなどと虚偽の内容を回答書に記載し、大阪高検に提出した疑い。

 捜査関係者によると、武田病院の職員だった男が組員側から高山受刑者の診断書に虚偽を書くよう要求された疑いがある。医師の男と職員の男はこれまでの任意聴取に対し、組員から現金などを受け取り、回答書に虚偽の内容を記載したことを認めたという。

 武田病院の医師は2月下旬、京都新聞社の取材に対し「医師として普通のことをやっただけ」と話していた。

 高山受刑者は公判中だった12年5月に保釈され、武田病院で不整脈や腎臓病の治療を受けていた。14年7月に同病院を通じ、協力関係にある府立医科大付属病院で、生体腎移植手術を受けた。懲役8年の実刑が確定したが16年2月に刑の執行が停止され、今年2月まで収監が見合わされていた。

 府警は2月、高山受刑者の病状を記した検察への回答書の内容について、虚偽公文書作成容疑などで、府立医科大付属病院と武田病院を家宅捜索。武田病院は、府立医科大付属病院から医師派遣を受けている。府警は府立医科大の吉川敏一学長(69)と高山受刑者との関係も調べる。

【 2017年03月28日 08時53分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万0479円
      2年1カ月ぶり高値

      20170921000069

       21日午前の東京株式市場は日経平均株価(225種)が続伸、上げ幅は一時100円を超え、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]