出版案内
福祉事業団

京都案内、外国人に配慮 バス停名統一など新指針

読みを「しちじょう」から「ななじょう」に改め、ローマ字表記も変えた京都バスの烏丸七条バス停(京都市下京区)
読みを「しちじょう」から「ななじょう」に改め、ローマ字表記も変えた京都バスの烏丸七条バス停(京都市下京区)

 京都市内を訪れる外国人観光客が公共交通を利用しやすいように、路線バスや鉄道を運行する企業15社と、行政機関などが連携して、案内表示の改善に取り組んでいる。外国人観光客へのアンケートを基に共通の指針を新たに作り、同じ場所にある複数社のバス停名称を統一するなど、地道な対策を進めている。

 外国語案内はこれまで各社が独自基準で対応しており、表示のばらつきが課題だった。昨年2月、京都市交通局と京都バスを幹事に、交通事業者、国土交通省近畿運輸局、大学の研究者らが参加するワーキンググループ(WG)をつくった。

 WGは昨年秋、市内で外国人観光客515人にアンケートをした。交通手段を調べる方法にスマートフォンを挙げた人がほぼ半数を占めた。駅やバス停の名称、路線図に関する案内の充実を求める回答が多く、「両替で戸惑う」「車内は音声よりディスプレーが安心」との意見もあった。

 指針では「表現の統一化」「シンプルな表現」などを基本とし、バス停の日本語表記の統一、絵や図を使うピクトグラム(視覚記号)の共通化などが必要とした。

 京都バスは16カ所のバス停で市バスと名称を合わせ、「中の島公園」は「嵐山公園」に変えた。「烏丸七条」の読みは本来の「からすま・しちじょう」だったが、「一条」「四条」との読み間違い、聞き違いを避けるために、市バスが使っている「からすま・ななじょう」に改めた。

 市バスでは車内の表示モニターを増設し、京阪バスはバス停にコードを表示して接近表示にアクセスできるようにした。西日本JRバスは高雄方面行きの一部バス停を4カ国語表記にした。

 15社が一斉に取り組むには調整が難しく、各社で改善しやすい内容から着手しており、事務局の京都市歩くまち京都推進室は「指針そのものを改善していきながら、課題の解決を図りたい」としている。

【 2017年04月21日 17時00分 】

ニュース写真

  • 読みを「しちじょう」から「ななじょう」に改め、ローマ字表記も変えた京都バスの烏丸七条バス停(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      復旧に向け土砂撤去開始
      けが6人に、岐阜の中央道

      20170819000012

       車4台を巻き込んだ岐阜県瑞浪市の中央自動車道での土砂崩れで、中日本高速道路は19日、現..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀のお家芸久々に存在感 インターハイ・ボート男子

      20170819000070

       今月、宮城県であった全国高校総体(インターハイ)ボート男子のシングルスカルで、瀬田工業..... [ 記事へ ]

      経済

      学術無線LAN、京都の旅館で 宿泊施設導入は国内初

      20170819000032

       京都市中京区の旅館こうろは18日、国内外の教育・研究機関で利用されている無線LANの相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      自然生かし攻めの集客 京都・世屋高原の宿泊施設

      20170819000057

       京都府宮津市北部の標高約500メートルの世屋高原にあり、完成から33年がたつ市営宿泊施..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

      20170819000054

       京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2A打ち上げへ最終準備
      衛星みちびき搭載

      20170819000040

       政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げに向け、三菱..... [ 記事へ ]