出版案内
福祉事業団

非正規僧に残業代未払いや雇い止め 真宗大谷派、パワハラも

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)が、非正規雇用で勤務していた男性僧侶から不払い残業代の支払いを求められ、3年5カ月分、約330万円を支払っていたことが25日、分かった。

 男性は全国の門徒が本山で取り組む奉仕団の担当。一緒に研修施設に泊まり込むこともあり、早朝出勤、深夜退勤が多く、超過勤務が月100時間を超える場合もあったが、残業代は支払われていなかった。また、上司による暴言などパワーハラスメントにも悩まされていたという。

 男性は京都ユニオン(南区)に加入。2015年11月から団体交渉を行い、未払い残業代の請求とパワハラの調査を要求した。この結果、寺側は未払い残業代の存在を認め、25日までに支払った。またハラスメント防止委員会でパワハラを認定し、当該の上司に指導などを行ったという。

 団体交渉では、寺が勤務する僧侶らの労働時間を把握していないことや、寺が職員組合と交わしている労使協定には非正規職員には残業代を支払わない覚書があることが判明。寺は男性との交渉を機に、労働時間に関係なく一定額を支給する固定残業代の支払いを始めている。

 男性は今年3月末に契約期限切れで雇い止めになった。男性は「信仰に尽くす仕事に誇りを持っていたが、社会ルールを逸脱しているのはおかしい。長時間労働で体調を崩す同僚も少なくなかった。契約延長が可能なのに、残業代の不払いやパワハラを訴えたために雇い止めになったとしか思えない」と話している。

 真宗大谷派は「今後は労働時間を適正把握し、より良い働き方ができる職場つくりに取り組む」としている。

【 2017年04月26日 07時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「共謀罪」首相が国連報告者批判
      参院で「著しくバランス欠く

      20170529000090

       安倍晋三首相は29日の参院本会議で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウッズ選手の身柄拘束
      飲酒運転か、既に釈放

      20170530000003

       【ニューヨーク共同】男子ゴルフの元世界ランキング1位で腰痛のため戦列を離れているタイガ..... [ 記事へ ]

      経済

      近畿大阪銀、全店舗で印鑑不要に
      120店、3年後めど

      20170530000005

       近畿大阪銀行の中前公志社長(56)は29日、共同通信のインタビューに応じ、印鑑を使わず..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小型機関車のんびりと 滋賀・米原の観光庭園

      20170529000072

       滋賀県米原市多和田の体験型観光庭園ローザンベリー多和田が、6月1日から園内を走る小型電..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      多忙な学校現場、働き方改革へ 滋賀県教委の会議初会合

      20170529000158

       滋賀県教育委員会は29日、学校現場の「働き方改革推進会議」の第1回会議を、大津市の県庁..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      広域避難体制や避難路整備を要望
      愛媛知事、原子力災害に備え

      20170529000084

       愛媛県の中村時広知事は29日、山本公一原子力防災担当相と東京都内で会談し、再稼働した四..... [ 記事へ ]