出版案内
福祉事業団

iPS作製効率向上、2遺伝子発見 京大グループ

 マウスiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製効率を大幅に向上させる二つの遺伝子を、京都大iPS細胞研究所の山本拓也講師や曽根正光研究員のグループが見つけた。iPS細胞ができるメカニズムの解明につながる成果で、米科学誌で3日発表する。

 細胞内でのエネルギー生産にかかわる遺伝子Zic3とEssrbを、山中伸弥教授が見つけた四つの初期化遺伝子のうちの三つとともにマウスの皮膚細胞に導入すると、iPS細胞の作製効率が数%から50%以上になった。

 iPS細胞は普通の体細胞とは異なった仕組みで細胞内のエネルギーを生産していることが分かっているが、今回見つけた二つの遺伝子は、iPS細胞特有のエネルギー生産を活性化していた。

 山本講師は「細胞のエネルギー生産が細胞の初期化にどのように関係しているかを解明していきたい」と話している。

【 2017年05月03日 08時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      裁量労働制「削除」求める 衆院公聴会で家族の会訴え

      20180221000171

       「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表=京都市伏見区=が21日、衆院予算委員会の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、大谷が柵越え6本
      平野はフリー打撃に初登板

      20180222000022

       【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは21日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宅配便を旅客鉄道で輸送
      ヤマトと岐阜・長良川鉄道

      20180221000188

       ヤマト運輸と長良川鉄道(岐阜県関市)は21日、宅配便を鉄道の旅客車両に載せて運ぶ「貨客..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「嵐電」舞台に映画製作 京都、ヒロインに大西礼芳さん

      20180221000137

       京都市内を走る京福電鉄(嵐電(らんでん))を舞台にした映画「嵐電」が来年初夏の公開を目..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]