出版案内
福祉事業団

聴竹居、知名度アップ期待 重文指定答申で京都・大山崎住民ら

生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)

 1928(昭和3)年に完成した木造住宅「聴竹居(ちょうちくきょ)」(京都府大山崎町大山崎)が19日、国の文化審議会から重要文化財指定の答申を受けた。今年の来場者は昨年を大幅に上回る勢いで、建物を管理する地元住民らは、一層の知名度向上や補助金を得て修復が進むことに期待を寄せる。

 関係者によると、築後約90年の聴竹居は多くの人が押し寄せると老朽化に拍車がかかる。建物への関心が高い人に来てもらいたいとの思いもあり、周辺に案内板などは出さず、事前予約制で公開日も限定している。それでも今年1月から4月末までに計約2千人が来訪し、予約状況から推計すると今月末で約2500人になる見込み。昨年の年間来場者約4500人を上回るのは確実という。

 一般社団法人「聴竹居倶楽部」の田邊均事務局長は「SNS(会員制交流サイト)などネットがらみの口コミで評判が広まっているようだ」と話す。重文に指定されればさらに人気を呼びそうだが、公開方法は従来通りにとどめる。

 重文となる建物3棟のうち茶室は中に入れないほど傷みが激しい。建築家の藤井厚二(1888~1938年)が家族と過ごした本屋、くつろぐ場だった閑室も修復が急がれる。同倶楽部代表理事で聴竹居を所有する竹中工務店の松隈章・設計企画部副部長は「国や府、町と話し合って修復したい。最終的には藤井が建てた時の姿に戻したい」と意気込む。

 天王山の豊かな自然に囲まれた聴竹居は藤井が理想とした環境共生住宅だ。建築を学ぶ大学生も実地学習で頻繁に利用する。重文指定の答申を受け、大山崎町の山本圭一町長は「町の環境の良さも内外に訴えかけていきたい」としている。

【 2017年05月20日 10時34分 】

ニュース写真

  • 生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      公設市場民営化、根強い反対 大津、業者側に不信感

      20170725000025

       大津市が民営化を検討している市公設地方卸売市場(同市瀬田大江町)で、卸売や仲卸などの入..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳、大橋が日本新で「銀」
      世界水泳初出場で躍動

      20170725000044

       【ブダペスト共同】競泳女子の大橋悠依(21)=草津東高出-東洋大=が24日、ブダペスト..... [ 記事へ ]

      経済

      IT大手グーグル、3年ぶり減益
      EU制裁金響く

      20170725000024

       【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルの持ち株会社アルファベットが24日発表した201..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      学習雑誌にも戦争の影 京都・宇治で「遺品展」

      20170725000038

       戦時中の暮らしをテーマにした企画展「戦争遺品展」が、京都府宇治市折居台の市歴史資料館で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]