出版案内
福祉事業団

聴竹居、知名度アップ期待 重文指定答申で京都・大山崎住民ら

生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)

 1928(昭和3)年に完成した木造住宅「聴竹居(ちょうちくきょ)」(京都府大山崎町大山崎)が19日、国の文化審議会から重要文化財指定の答申を受けた。今年の来場者は昨年を大幅に上回る勢いで、建物を管理する地元住民らは、一層の知名度向上や補助金を得て修復が進むことに期待を寄せる。

 関係者によると、築後約90年の聴竹居は多くの人が押し寄せると老朽化に拍車がかかる。建物への関心が高い人に来てもらいたいとの思いもあり、周辺に案内板などは出さず、事前予約制で公開日も限定している。それでも今年1月から4月末までに計約2千人が来訪し、予約状況から推計すると今月末で約2500人になる見込み。昨年の年間来場者約4500人を上回るのは確実という。

 一般社団法人「聴竹居倶楽部」の田邊均事務局長は「SNS(会員制交流サイト)などネットがらみの口コミで評判が広まっているようだ」と話す。重文に指定されればさらに人気を呼びそうだが、公開方法は従来通りにとどめる。

 重文となる建物3棟のうち茶室は中に入れないほど傷みが激しい。建築家の藤井厚二(1888~1938年)が家族と過ごした本屋、くつろぐ場だった閑室も修復が急がれる。同倶楽部代表理事で聴竹居を所有する竹中工務店の松隈章・設計企画部副部長は「国や府、町と話し合って修復したい。最終的には藤井が建てた時の姿に戻したい」と意気込む。

 天王山の豊かな自然に囲まれた聴竹居は藤井が理想とした環境共生住宅だ。建築を学ぶ大学生も実地学習で頻繁に利用する。重文指定の答申を受け、大山崎町の山本圭一町長は「町の環境の良さも内外に訴えかけていきたい」としている。

【 2017年05月20日 10時34分 】

ニュース写真

  • 生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「共謀罪」首相が国連報告者批判
      参院で「著しくバランス欠く

      20170529000090

       安倍晋三首相は29日の参院本会議で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウッズ選手の身柄拘束
      飲酒運転か、既に釈放

      20170530000003

       【ニューヨーク共同】男子ゴルフの元世界ランキング1位で腰痛のため戦列を離れているタイガ..... [ 記事へ ]

      経済

      近畿大阪銀、全店舗で印鑑不要に
      120店、3年後めど

      20170530000005

       近畿大阪銀行の中前公志社長(56)は29日、共同通信のインタビューに応じ、印鑑を使わず..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小型機関車のんびりと 滋賀・米原の観光庭園

      20170529000072

       滋賀県米原市多和田の体験型観光庭園ローザンベリー多和田が、6月1日から園内を走る小型電..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      多忙な学校現場、働き方改革へ 滋賀県教委の会議初会合

      20170529000158

       滋賀県教育委員会は29日、学校現場の「働き方改革推進会議」の第1回会議を、大津市の県庁..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      広域避難体制や避難路整備を要望
      愛媛知事、原子力災害に備え

      20170529000084

       愛媛県の中村時広知事は29日、山本公一原子力防災担当相と東京都内で会談し、再稼働した四..... [ 記事へ ]