出版案内
福祉事業団

聴竹居、知名度アップ期待 重文指定答申で京都・大山崎住民ら

生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)

 1928(昭和3)年に完成した木造住宅「聴竹居(ちょうちくきょ)」(京都府大山崎町大山崎)が19日、国の文化審議会から重要文化財指定の答申を受けた。今年の来場者は昨年を大幅に上回る勢いで、建物を管理する地元住民らは、一層の知名度向上や補助金を得て修復が進むことに期待を寄せる。

 関係者によると、築後約90年の聴竹居は多くの人が押し寄せると老朽化に拍車がかかる。建物への関心が高い人に来てもらいたいとの思いもあり、周辺に案内板などは出さず、事前予約制で公開日も限定している。それでも今年1月から4月末までに計約2千人が来訪し、予約状況から推計すると今月末で約2500人になる見込み。昨年の年間来場者約4500人を上回るのは確実という。

 一般社団法人「聴竹居倶楽部」の田邊均事務局長は「SNS(会員制交流サイト)などネットがらみの口コミで評判が広まっているようだ」と話す。重文に指定されればさらに人気を呼びそうだが、公開方法は従来通りにとどめる。

 重文となる建物3棟のうち茶室は中に入れないほど傷みが激しい。建築家の藤井厚二(1888~1938年)が家族と過ごした本屋、くつろぐ場だった閑室も修復が急がれる。同倶楽部代表理事で聴竹居を所有する竹中工務店の松隈章・設計企画部副部長は「国や府、町と話し合って修復したい。最終的には藤井が建てた時の姿に戻したい」と意気込む。

 天王山の豊かな自然に囲まれた聴竹居は藤井が理想とした環境共生住宅だ。建築を学ぶ大学生も実地学習で頻繁に利用する。重文指定の答申を受け、大山崎町の山本圭一町長は「町の環境の良さも内外に訴えかけていきたい」としている。

【 2017年05月20日 10時34分 】

ニュース写真

  • 生前の藤井厚二がくつろいでいた閑室(大山崎町大山崎・聴竹居)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      裁量労働制「削除」求める 衆院公聴会で家族の会訴え

      20180221000171

       「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表=京都市伏見区=が21日、衆院予算委員会の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、大谷が柵越え6本
      平野はフリー打撃に初登板

      20180222000022

       【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは21日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宅配便を旅客鉄道で輸送
      ヤマトと岐阜・長良川鉄道

      20180221000188

       ヤマト運輸と長良川鉄道(岐阜県関市)は21日、宅配便を鉄道の旅客車両に載せて運ぶ「貨客..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「嵐電」舞台に映画製作 京都、ヒロインに大西礼芳さん

      20180221000137

       京都市内を走る京福電鉄(嵐電(らんでん))を舞台にした映画「嵐電」が来年初夏の公開を目..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]