出版案内
福祉事業団

新薬「ソリリス」副作用で妻死亡 夫が京大病院提訴へ

 京都大医学部付属病院(京都市左京区)で重い副作用がある薬の情報が共有されず、副作用で妻=当時(29)=が死亡したとして、中京区の夫(36)らが近く、京大や主治医を相手取り、1億8750万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴することが、9日分かった。原告によると、新薬「ソリリス」による死亡例は国内初という。

 訴状によると、女性は、難病指定されている血液疾患「発作性夜間ヘモグロビン尿症」のため、2011年から、京大病院血液内科で治療を受けていた。16年4月、妊娠に伴い血栓症予防のため新薬「ソリリス」の投与を開始。同病院で8月1日に長男を出産後も通院していた。

 同月22日、薬剤投与後に自宅で急激な発熱に見舞われた。京大病院の産科に連絡したが、対応した助産師は「乳腺炎と考えられる」とし、自宅安静を指示。しかし容体は悪化し、同病院に搬送されたが、翌23日に髄膜炎菌敗血症で死亡した。

 ソリリスの添付文書には、重大な副作用として「髄膜炎菌感染症を誘発する」と記載されており、海外の死亡例を踏まえ、発熱や頭痛の際は抗菌剤の投与を求めている。

 夫側は、京大病院産科は電子カルテなどから投与された薬品の情報を得ていたにもかかわらず、感染症治療が行われなかったとし、「発熱の初期段階で髄膜炎菌感染症を疑い、抗菌剤による治療をすべきだった」と主張している。

 京大病院の事故調査委員会の報告書では「合併症や高熱から助産師が対応できる範囲を超えている可能性があり、医師の診断が必要だった」とした上で、「発熱時は抗菌薬を投与する必要があることを院内の医療者に広く認識してもらう工夫が必要」と指摘した。

 京大側は、今年5月の京都地裁の調停で「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」としていた。

【 2017年07月10日 08時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      強盗致傷は自作自演か、富山
      射水市の書店従業員

      20170921000052

       21日午前7時半ごろ、富山県射水市橋下条の書店「文苑堂書店小杉店」で、従業員の男性が胸..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中日の森野が現役引退へ
      08年北京五輪日本代表

      20170921000092

       2008年北京五輪の野球日本代表だった中日の森野将彦内野手(39)が今季限りで現役を引..... [ 記事へ ]

      経済

      グーグル、スマホ事業強化
      HTCから千億円強で買収

      20170921000088

       【ニューヨーク共同】米グーグルは21日、台湾電子機器大手HTCのスマートフォン事業の一..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]