出版案内
福祉事業団

新薬「ソリリス」副作用で妻死亡 夫が京大病院提訴へ

 京都大医学部付属病院(京都市左京区)で重い副作用がある薬の情報が共有されず、副作用で妻=当時(29)=が死亡したとして、中京区の夫(36)らが近く、京大や主治医を相手取り、1億8750万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴することが、9日分かった。原告によると、新薬「ソリリス」による死亡例は国内初という。

 訴状によると、女性は、難病指定されている血液疾患「発作性夜間ヘモグロビン尿症」のため、2011年から、京大病院血液内科で治療を受けていた。16年4月、妊娠に伴い血栓症予防のため新薬「ソリリス」の投与を開始。同病院で8月1日に長男を出産後も通院していた。

 同月22日、薬剤投与後に自宅で急激な発熱に見舞われた。京大病院の産科に連絡したが、対応した助産師は「乳腺炎と考えられる」とし、自宅安静を指示。しかし容体は悪化し、同病院に搬送されたが、翌23日に髄膜炎菌敗血症で死亡した。

 ソリリスの添付文書には、重大な副作用として「髄膜炎菌感染症を誘発する」と記載されており、海外の死亡例を踏まえ、発熱や頭痛の際は抗菌剤の投与を求めている。

 夫側は、京大病院産科は電子カルテなどから投与された薬品の情報を得ていたにもかかわらず、感染症治療が行われなかったとし、「発熱の初期段階で髄膜炎菌感染症を疑い、抗菌剤による治療をすべきだった」と主張している。

 京大病院の事故調査委員会の報告書では「合併症や高熱から助産師が対応できる範囲を超えている可能性があり、医師の診断が必要だった」とした上で、「発熱時は抗菌薬を投与する必要があることを院内の医療者に広く認識してもらう工夫が必要」と指摘した。

 京大側は、今年5月の京都地裁の調停で「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」としていた。

【 2017年07月10日 08時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都府知事に市長会が5選出馬要請 本人は明言避ける

      20171122000167

       来春の京都府知事選に向け、府市長会と府町村会は22日、山田啓二知事に5選を目指して立候..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴乃花親方、協力要請を拒否
      危機管理委の貴ノ岩聴取に

      20171122000180

       大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方は22日、日..... [ 記事へ ]

      経済

      京都水族館の隣に大浴場付き140室ホテル JR西

      20171122000157

       JR西日本は22日、京都市下京区の梅小路公園内の旧社宅跡地に、客室140室の新ブランド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      陶芸や漆芸、新たな試みの造形 京都で創工会展

      20171122000181

       「第29回工芸美術 創工会展」が22日、京都市中京区の京都文化博物館で始まった。来場者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      雷が大気中で核反応、反物質生む 京大など世界初観測

      20171122000201

       雷が大気中で核反応を引き起こし、自然界にほとんど存在しない反物質(陽電子)を生み出す現..... [ 記事へ ]