出版案内
福祉事業団

筧千佐子被告一転、夫殺害認める 京都、青酸連続事件

 高齢男性4人に青酸化合物を服用させ殺害したなどとされる連続殺人事件で、殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の第8回公判が10日、京都地裁(中川綾子裁判長)であった。初の被告人質問で、千佐子被告は夫の勇夫さん=当時(75)、向日市=について、検察側の質問に「毒を飲ませた。借金を返せると思った」と述べた。

 被告は動機や青酸化合物の入手経路についても法廷で説明したが、何度も同じ内容を繰り返したり、認知症があると訴えたりする場面もあった。

 検察側から「勇夫さんに毒を飲ませたのは間違いないか」と問われ、被告は「間違いありません」と話した。殺害理由の問いには、「申し訳ない思いが50%、後の50%は不信感や腹立たしい気持ちで複雑です」と述べた。その理由については、勇夫さんが被告と結婚する前に同居していた女性をあげ、「前の女性は数千万もらっていたのに、私には一銭もない。私は差別された」などと説明した。

 青酸の入手経路について、被告は1969年に結婚した最初の夫=96年死亡=と大阪府貝塚市で衣服のプリント工場を経営しており、「材料屋さんから譲り受けた」と説明した。

 冒頭、被告は弁護側から「検察官と裁判官、裁判員の質問にはどうしますか」と問われた際は「黙秘します」と答えたが、検察側の質問が始まると、一転して答え始めた。

 京都地裁が昨年実施した精神鑑定で被告は軽度の認知症と指摘されている。弁護側は「自身を守る手段がない」などと訴訟能力や事件当時の責任能力が乏しいと、4事件全てで全面無罪を主張して争っている。初公判の罪状認否で、被告は「全て弁護士に任せてあります」とだけ述べた。

 起訴状では、2013年12月28日夜、向日市の自宅で、勇夫さんに青酸化合物を服用させて青酸中毒で死亡させるなどした、とされる。

【 2017年07月10日 13時43分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      裁量労働制「削除」求める 衆院公聴会で家族の会訴え

      20180221000171

       「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表=京都市伏見区=が21日、衆院予算委員会の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、大谷が柵越え6本
      平野はフリー打撃に初登板

      20180222000022

       【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは21日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宅配便を旅客鉄道で輸送
      ヤマトと岐阜・長良川鉄道

      20180221000188

       ヤマト運輸と長良川鉄道(岐阜県関市)は21日、宅配便を鉄道の旅客車両に載せて運ぶ「貨客..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「嵐電」舞台に映画製作 京都、ヒロインに大西礼芳さん

      20180221000137

       京都市内を走る京福電鉄(嵐電(らんでん))を舞台にした映画「嵐電」が来年初夏の公開を目..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]