出版案内
福祉事業団

ろう者陸上選手、手話で支える 大津のトレーナー世界大会同行

デフリンピックに陸上トレーナーとして帯同する内海さん(大津市粟津町)
デフリンピックに陸上トレーナーとして帯同する内海さん(大津市粟津町)

 聴覚障害者の陸上競技を陰で支える女性が大津市にいる。聾(ろう)話学校の講師を務めたのを機に手話を学び、トレーナーとしての技も身につけた。18日からトルコで開かれる聴覚障害者スポーツの世界大会「デフリンピック」にも同行する予定で「選手を最高のコンディションにしたい」と意気込む。

 同市別保1丁目の内海優さん(44)。「体育教員か、リハビリに関わる仕事が夢だった」といい、大学卒業後、県立聾話学校(栗東市)の講師を計7年間務めた。生徒と対話するために手話を覚え、陸上部顧問になったのを機に始めたハンマー投げで国体出場も果たしている。

 陸上の経験から必要を感じ、28歳からカイロプラクティックの施術を学び始めた。聴覚障害者陸上の関係者と縁ができ、2012年にカナダで開かれた世界ろう者陸上選手権に、トレーナーとして初めて参加。世界と戦う姿に感銘を受ける一方で、選手が日常で使う手話が読み取れなかったことに「今までは周囲が合わせてくれていたんだ」とショックを受けた。帰国後、手話通訳の講座を受けて本格的に学び直し、全国統一試験にも合格。今はマッサージセラピストとして働きながら、県の登録手話通訳者としても活動している。

 トルコのデフリンピックにも、陸上トレーナーとして同行する。国際大会には5度目の参加。経験を積み、「通訳で役に立てるようになってきた」という。陸上のスケジュールは分刻みで進む。マッサージやアイシング、食事のタイミングも含め、選手をサポートするつもりだ。「選手は4年に1度の大会にすべてを懸けている。みんながベストな状態で活躍してもらいたい。そのために行く」。力強く語った。

【 2017年07月16日 16時36分 】

ニュース写真

  • デフリンピックに陸上トレーナーとして帯同する内海さん(大津市粟津町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      茶のしずく「安全性欠く」 京都地裁、販売業者に賠償命令

      20180220000203

       「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使って、重い小麦アレルギーを発症したとして、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      宮原、好調「思い切って」 平昌五輪SP前日の最終調整

      20180220000206

       平昌五輪フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)を翌日に控えた宮原知子(関大..... [ 記事へ ]

      経済

      ウーバー配車、全国展開へ
      20年めど、地域タクと提携

      20180220000188

       来日中の米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      回る音響彫刻、初披露へ 京都で3月、ダンスと共演

      20180220000130

       1970年の大阪万博で展示された「音響彫刻」を基に、京都市立芸術大の学生たちが新たな音..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」

      20180220000092

       滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]