出版案内
福祉事業団

京都・祇園にマハラジャ復活 若者も一緒に熱狂

復活オープンしたマハラジャのフロアで盛り上がる来場者たち(13日午後8時50分、京都市東山区・マハラジャ祇園)
復活オープンしたマハラジャのフロアで盛り上がる来場者たち(13日午後8時50分、京都市東山区・マハラジャ祇園)

 バブル経済期に若者たちが集い、踊った高級ディスコ店「マハラジャ」が京都・祇園に復活し、13日夜に営業を始めた。中年層をはじめバブルを知らない若者らもまばゆいライトを浴びて音楽とダンスを楽しみ、かつての熱狂を味わった。

 東山区の祇園会館にオープンした「マハラジャ祇園」。1986年に同館で開業し、バブル崩壊後の96年に閉店した。最盛期に60カ所を超えたグループ店舗の中でも最大規模で、高い集客力から「東洋一のディスコ」と呼ばれたという。

 21年ぶりとなる復活の背景には、バブル世代の子育てが一段落し、時間にゆとりがある人が増えたことがある。さらに京都市では外国人観光客の増加でホテルが次々に建設され、地価高騰など「ミニバブル」の様相を呈す経済環境も再進出を後押しした。

 広さは旧店舗の半分以下の約500平方メートル。ダンスホールにかつてのように「お立ち台」を備え、色とりどりの照明が降り注ぐ。京都らしさを打ち出し、週末限定で舞妓や忍者のショーを催すほか、日本酒も提供する。

 初日は午後8時の営業開始と同時に大勢の客が来店し、80~90年代を中心とした大音量のディスコ音楽にのせて激しく踊った。連日のようにディスコに通っていたという中京区の堀井千恵美さん(47)はお立ち台でも踊り、「みんなが羽振りが良くて元気だった時代を思い出し、懐かしくなった」と笑顔で話した。

【 2017年09月13日 23時20分 】

ニュース写真

  • 復活オープンしたマハラジャのフロアで盛り上がる来場者たち(13日午後8時50分、京都市東山区・マハラジャ祇園)
  • 復活オープンしたマハラジャのフロアで盛り上がる舞妓や来場者たち(13日午後9時35分、京都市東山区・マハラジャ祇園)
  • ロボット風のコスチュームと女性たち(京都市東山区・マハラジャ祇園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      野党、首相の施政方針に反発
      「都合の良い数字でごまかし」

      20180122000193

       野党各党は22日、安倍晋三首相の施政方針演説について「都合の良い数字や事実を並べ立て、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュアの宮原、宇野らが調整
      24日から四大陸選手権

      20180122000063

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加して24日に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手..... [ 記事へ ]

      経済

      和歌山の蔵出しみかん食べて、PR隊が本社訪問

      20180122000202

       和歌山県海南市の「蔵出ししもつみかん」のキャンペーン隊が22日、京都市中京区の京都新聞..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      山中所長「辞任も検討」 京大iPS研・助教の論文不正

      20180122000215

       京都大は22日、iPS細胞研究所の助教が筆頭・責任著者であるiPS細胞(人工多能性幹細..... [ 記事へ ]