出版案内
福祉事業団

京都ときめきごはん旅 ヤプラックサルマ(トルコ)

ブドウの葉のほどよい酸味が感じられる、ヤプラックサルマ(右)900円。トルコ発祥と伝わるヨーグルトをたっぷりとかけたトルコ風水餃子・マントゥ1150円
ブドウの葉のほどよい酸味が感じられる、ヤプラックサルマ(右)900円。トルコ発祥と伝わるヨーグルトをたっぷりとかけたトルコ風水餃子・マントゥ1150円

 トルコ料理と聞いて、羊肉などを串刺しにして焼いたシシカバブといった素朴なケバブ料理(肉料理)を思い浮かべる人は多いはず。

 確かにケバブ料理は、中央アジア北部にいた遊牧民を祖とするトルコ民族の伝統を受け継ぐ代表的な料理である。でもそれは、数多あるトルコ料理のごく一部に過ぎない。

 京都にいながらその多様さが垣間見える場所がこちら。京都市内で唯一のトルコ料理専門店イスタンブール・サライだ。トルコ出身の店主カヤ・シャハップさん(49)が、本国のレストランや家庭で親しまれている料理を提供している。

 「トルコ人は案外、野菜や穀物もよく食べるんですよ。野菜の中にいろんな具材を詰めたドルマと呼ばれる料理や、野菜の煮込み料理の種類も豊富です」

 一例として紹介してくれたのは、ヤプラックサルマというドルマの定番メニュー。米や松の実、カレンズ(干しぶどう)などを一緒に炊いた後、ブドウの葉で包み、さらに煮込んだ上に、わざわざ冷やして食べるという大変手の込んだ前菜である。

 また、トルコ料理には、ブドウの葉や豆類を使ったアラブ風の料理のほか、トマトやチーズ、オリーブオイルなどを多用したヨーロッパ風の料理も多数見受けられる。

 「古代から交易がさかんだったこともありますが、13世紀にトルコで誕生し、一時は中東やヨーロッパ、北アフリカまで進出したオスマン帝国の影響も大きいでしょうね」とシャハップさん。つまり、オスマン帝国が躍進する過程で、諸国の食文化が次々に取り込まれていったという。

 繁栄の歴史のもとで、国際色豊かに進化したトルコ料理。「東西の十字路」を行き来する、“味な旅”を楽しもう。(ライター・岡田香絵)

 【お店情報】イスタンブール・サライ

 京都市中京区河原町通三条上ル松木ビル3F。TEL075(213)2995。平日午後5時半~同10時。土日祝は正午~午後3時、午後5時半~同10時(終了時間はいずれもラストオーダー)。不定休。ランチは1450円、夜コース2850円から。

【 2017年10月12日 16時50分 】

ニュース写真

  • ブドウの葉のほどよい酸味が感じられる、ヤプラックサルマ(右)900円。トルコ発祥と伝わるヨーグルトをたっぷりとかけたトルコ風水餃子・マントゥ1150円
  • イスタンブール・サライ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      新景観政策10年、未来見据え議論深める 京都でシンポ

      20171211000186

       京都市の新景観政策の施行10年を総括するシンポジウムがこのほど、左京区の府立京都学・歴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浦和、12日に5位決定戦
      堀監督「勝利を得たい」

      20171211000213

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカッ..... [ 記事へ ]

      経済

      WTOの機能強化要請
      世耕経産相、閣僚会議

      20171212000002

       【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンで開かれている世界貿易機関(WTO)閣僚会議は11..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダム水没境内の荘川桜2世植樹 京都・東本願寺

      20171211000168

       かつて岐阜県北部の真宗大谷派の寺院境内にあり、ダム建設に伴い別の場所に移植された歴史の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      風車計画にイヌワシ衝突恐れ 滋賀の生息地、発電用7基

      20171211000171

       国の天然記念物イヌワシが生息する滋賀県米原市の山林に、東京の再生エネルギー会社が大型の..... [ 記事へ ]