出版案内
福祉事業団

宮原、ジャンプ中心に調整へ 平昌五輪、開幕迫る

4連覇を飾った全日本選手権で演技する宮原(2017年12月21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
4連覇を飾った全日本選手権で演技する宮原(2017年12月21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 平昌冬季五輪の開幕まで1カ月を切った。4年に1度の大舞台で栄光をつかむには、この1カ月間は重要な助走期間。金メダル争いの「本命」たちは、本番にどうピークを合わせていくかを意識しながら、調整の最終段階へと向かう。

「冬季五輪の華」と言われるフィギュアスケートは女子のエース、19歳宮原知子(さとこ)(関大・木下グループ、京都市中京区)が初めての五輪に挑む。京都から同種目に挑むのは50年ぶり2人目。「楽しむことが一番大事。自分らしい演技をしたい」と大舞台を心待ちにしている。

 昨シーズンの終盤に判明した左股関節の疲労骨折の影響などで調整が遅れたが、昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯で11カ月ぶりに実戦復帰した。GP最終戦となった2週間後のスケートアメリカでは見事に優勝を飾り、シリーズ上位6人によるGPファイナルに出場した。年末の全日本選手権で4連覇を飾って五輪切符をつかむと同時に、「ミス・パーフェクト」の完全復活を印象づけた。

 「お正月はスケートのことは考えず、リラックスしたい」と話していた年末年始は7日間ほど休養し、心身ともにリフレッシュした。5日に氷上練習を再開し、「以前は結構休んだら感覚がおかしかったりしたけど、ちゃんと滑ることができた」と笑顔を見せる。8日には京都市の成人式と大阪での五輪壮行会にも出席した。

 全日本選手権後に受けた検査でも異常はなく、今後は平昌五輪に向け、ジャンプを中心に練習の強度を高めていく。1月下旬には2016年に優勝した四大陸選手権に挑む。「五輪という舞台だけど、これまでと変わらずにやれることをしっかりやって試合に臨むだけ」と冷静に話し、1カ月後に迫った決戦に照準を合わせている。

【 2018年01月14日 22時00分 】

ニュース写真

  • 4連覇を飾った全日本選手権で演技する宮原(2017年12月21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      オホーツク上空で流氷観測、海保
      平年並みに南下

      20180117000148

       第1管区海上保安本部(小樽)は17日、オホーツク海で航空機による流氷観測を実施した。船..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      初場所4日目、稀勢が3敗目
      白鵬は2敗目、鶴竜4連勝

      20180117000170

       大相撲初場所4日目(17日・両国国技館)2日続けて2横綱が平幕に敗れる波乱。稀勢の里は..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホのバーコードで決済
      ドコモが新サービス

      20180117000123

       NTTドコモは17日、バーコードや2次元コードを活用した決済サービスを4月に始めると発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アイヌ同化策に加担、教団の歴史直視 東本願寺で資料展示

      20180117000087

       京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺にある参拝接待所ギャラリーで、同派とアイヌ民族と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大の被爆者標本、どこへ <持ち去られた被爆者資料>

      20180117000019

       歴史認識問題は現在もアジアの国際関係を揺さぶる。インターネット上では国境や民族とは何か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      食物選ぶ神経細胞をマウスで特定
      「ストレスで過食」解明も

      20180117000136

       食べ物に含まれる栄養素のうち、脂肪と炭水化物のどちらをより多く求めるかに関わる神経細胞..... [ 記事へ ]