2017京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

奥村さん初優勝 スキー大回転A

優勝を果たした奥村さん(兵庫県豊岡市・神鍋高原万場スキー場)
優勝を果たした奥村さん(兵庫県豊岡市・神鍋高原万場スキー場)

 最終競技のレディース・スキー大会が17日、兵庫県豊岡市の神鍋高原万場スキー場で行われた。大回転競技がA(上級)とB(中級)に分かれて開かれ、計9人の選手が参加した。Aクラスは城陽市寺田の会社員奥村麻理子さん(23)=ファーレンSC=が、2回合計52秒24で初優勝を果たした。
 コースは標高差100メートル、全長約400メートル。選手は途中に設けられた15カ所の旗門を果敢に通過し、タイムを競った。

 ▽Aクラス (1)奥村麻理子(ファーレンSC)52秒24(2)高屋みのり(網野SC)(3)岡本真喜子(ファーレンSC)
 ▽Bクラス (1)田中里佳子(網野SC)1分17秒01=出場1人

3秒差「うれしい」

 ○…昨季3連覇を果たした「女王」に約3秒差をつけ、奥村さんは初出場の大会を制した。「うれしい。自分でも驚いてます」と喜びをかみしめる。
 小学4年からアルペンスキーを始めた。京都産業大では、基礎スキーに切り替えたため、大回転への挑戦は数年ぶりだったという。
 滑る感覚を取り戻すために挑んだ1回目で一気に首位に。「次はタイムを狙おう」と2回目はラインを考えてコースを攻め、参加者の中で唯一、25秒台をたたき出した。
 社会人となり、今季はフリースタイルも始めた。「スキーをもっと楽しみたい。来年も大会に参加し、2本ともそろえたい」と声を弾ませた。


【2018.02.18掲載】

(c) 2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.