2017京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

有馬チーム初の頂点 テニス一般の部

一般の部決勝で熱戦を制して優勝した有馬チームの杉本(左)・有馬組=宇治市・太陽が丘
一般の部決勝で熱戦を制して優勝した有馬チームの杉本(左)・有馬組=宇治市・太陽が丘

 13日、宇治市の太陽が丘でテニスの決勝トーナメントが行われた。一般の部は有馬チーム(有馬、宇根、田中、杉本)が優勝、プラチナの部(50歳以上)は北岡チーム(北岡、露木、堤、松山)が制した。さわやか賞は上坂チーム(上坂、森田、阪口、西村)が選出された。

 一般の部は27チーム、プラチナの部は18チームが参加。3チームずつ予選リーグを行い、順位別のトーナメントで争った。


粘り強く接戦制す

 ○…一般の部で優勝した有馬チームの有馬正代さんは、決勝の後、しばらく動けなかった。「終わった途端に足がつってしまった」。熱戦を制して初の頂点に輝いた。

  予選リーグから接戦を勝ち抜いてきた。決勝も宇根・田中組が6−4で勝利し、有馬・杉本組は4−5と追い込まれた第10ゲームから3ゲームを連取して逆転した。杉本まゆみさんが「とにかくボールを打ち返そう」と相手の速球に粘り強く対応し、有馬さんがボレーで攻めた。

 八幡市を拠点とするテニスサークル「オーシャンズ」のメンバー。選手たちは「優勝できると思っていなかったので、とてもうれしい。来年も狙いたい」と口をそろえた。


◇京都女子テニス連盟さわやかトーナメント(13日・太陽が丘)
【一般の部】
▽決勝トーナメント1回戦 浦田2−0岩崎
▽同2回戦 有馬2−1浦田、藤岡2−0西野、山地2−0岩村、村尾2−0道本
▽同準決勝 有馬2−0藤岡、山地2−0村尾▽同決勝 有馬2−0山地
【プラチナの部】
▽決勝トーナメント1回戦 菅野2−1武本、北岡2−0水野
▽同準決勝 辻井2−0菅野、北岡2−0安田▽同決勝 北岡2−0辻井

【2017.04.14掲載】

(c) 2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.