2017京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

開催種目・要項

親子で参加も 熱戦に期待バレーボール

 総合開会式ではチーム代表の260人が堂々と入場行進します。本年度は南部48、山城15、北部17の合計80チームが参加し、4月4日から南部地区予選グループ戦が始まり、地区別トーナメント戦を経て29日に南部・山城6チーム、北部地区2チームが決勝トーナメントを戦います。

 約1200人の選手は20代から60代と幅広い構成です。親子での参加チームもあり、親世代から子世代へとうまく受け継ぎバレーボールを日常の一部として楽しんでいます。

 個々の技術も大切ですが、失敗した時に助けてくれるチームの仲間たちへの感謝の気持ちが得点となり、良い結果につながると信じて試合に臨んでほしい。熱戦を期待しています。

(京都府ママさんバレーボール連盟理事長 陰野典子)

☆第39回全京都ママさんバレーボール大会

会  期 南部・山城地区

北部地区
決勝トーナメント
4月4日(火)、8日(土)、11日(火)
16日(日)、18日(火)、22日(土)
4月9日(日)、23日(日)
4月29日(土)
会  場 八幡市民体育館、島津アリーナ京都、 向日市民体育館
舞鶴文化公園体育館
参加人員 80チーム
競技方法 1.南部・山城地区と北部地区に分けて予選を行う。
2.両地区とも、1グループ3〜4チームによる予選グループ戦を経て、勝ち残り3チーム(1グループ3チームの場合は2チーム)が予選トーナメント戦に出場できる。
3.決勝トーナメントは、南部・山城地区8チーム、北部地区2チームで行う。
抽選会 南部・山城地区
北部地区
3月4日(土)午前10時〜  京都新聞社 7階ホール
2月26日(日)午前10時〜 福知山市三段池公園総合体育館 第1会議室
(c) 2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.